狂いの森、最奥地にて巨大竜戦がありました。

竜星のヴァルニール_20181012185557

敵のフォムレナードは、上層の本体と、中層・下層に部位がある3層型です。
毎ターン2回行動で、弱点は水・貫。
本体のHPが12855~13837ほど。

・上層 ファイアブレス 1層全体攻撃 580前後のダメージ
・上層 混乱ガス 3層全体 混乱付与
・上層 かみつき 718~735
・中層 ジゴク火(使われる前に部位破壊したため詳細不明)
・下層 テイルシェイク(使われる前に部位破壊したため詳細不明)


貫属性を持っているのはカリカロですが、物功が低いため、貫弱点は無視した方が良さそうです。
魔攻の高いキャラたちにアクアソードを習得させるのが無難でしょう。

ただ、アクアソードはファイアソードとは違って1階層にしか攻撃できないんですよね;;
上層、中層、下層のどこから攻めるかが考えどころですが…。
フォーメーションやパッシブスキルなどで魔攻をしっかりと上げておけば、アクアソード2~3発でも部位1つを破壊できます。
なので、本体狙いよりは部位破壊を先にした方が良いのではないかと。
部位を1つでも破壊すれば気絶させられますし、うまくいけば被ダメージを一切負うことなく部位を2つとも破壊可能です。


とりあえず部位破壊を先にする、というのは良いとして、その後も手強い相手でした。
特に混乱ガスで全体混乱にさせられるのが厄介;;
ファイアブレス対策で全員を別々の層に配置していたのですが、混乱ガスは関係なく全員対象だったので;;

対策装備とかは今のところないため、混乱になるかどうかは運次第です。
なので、なった後にアイテムの「万能薬」を使用するほかありません。
それでも行動順が悪ければ、1~2人混乱させられるだけでも戦闘不能者が出る恐れがあるので、控えのキャラに蘇生スキル「リライフ」と回復スキル「ビッグヒーリング」を習得させておくこと。
リライフは「フェアリードラゴン」、ビッグヒーリングは「アクアドラゴン」の因子核で習得できます。

控えキャラがこれらのスキルを習得していれば、混乱後の立て直しも容易です。
もちろん、回復役なので耐久力重視のパッシブスキルや装備を忘れずに。


それ以外は、全員にアクアソードを連発させるだけ。
倒しても自動帰還はしなかったので、ダンジョンから出る前に、この先にある宝箱などは回収しておきましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)