裁きの森の最奥にて、初めてのボス戦です。
まだそれほど強い敵は出ないでしょうが、手前にあった竜の碑で確実にセーブしておきましょう。


戦闘前のイベントではラポネットが救出されパーティに加入しました。
ゼフィも何故かこちら側についてきているので(笑)、パーティは4人です。
が、戦闘を始めてみると、見た目上は3人のみでした。

この戦闘中ではなく後で雑魚戦をしたときに気付いたのですが、ラポネットはゼフィと「交代」すると戦闘参加できます。
交代は、コマンド選択時に×ボタンで裏コマンドを表示すれば、「防御」「アイテム」のほかに「交代」のコマンドが追加されているのでそこから。
後でパーティ編成すれば、ラポネットを誰の裏に付けるか、または表に出すかなどの変更も可能です。


他にこれまでの戦闘と違う点は、これが「巨大竜戦」であること。
敵の図体がでかすぎて、1体で3層すべてに身体が存在します。

本体のいる階層とは別に「部位」の階層があり、部位のHPを0にすることで、その部位による攻撃を封じたり本体を気絶させることができるそう。
もちろんボス撃破のためには本体のHPを0にする必要があるので、どの階層に対して攻撃を仕掛けるかが重要なポイントですね。
部位の方がHPが少ないので、先に部位を狙った方が楽になる場合も多そうです。
ただし、部位が2つあるなら2つともHP0にする必要があるみたいでした。
(ちなみに気絶は、クリティカル攻撃でもまれに発生する模様。)


敵は毎ターン2回行動で、弱点は火・斬。
本体は上層で、中層と下層に部位スキルがそれぞれ一つずつ存在します。

竜星のヴァルニール_20181011172608

確認できた敵の攻撃は以下の通りです。

・上層 火球 96~151
・中層 ファイアブレス(使われる前に部位破壊したため詳細不明)
・下層 テイルシェイク(使われる前に部位破壊したため詳細不明)


味方の物理スキルは、同じ名称のスキルでもキャラごとに属性が違うみたいで、斬属性の物理スキルが使えるのはゼフィのみ。

火属性の魔法スキル「ファイアソード」は、道中の「ドラゴンフライ」の因子核を入手すると習得できます。
カリカロは最初から使えるので、他の2人で入手しましょう。

ファイアソードは全層貫通攻撃ができるので、特に今回の戦闘では非常に便利です。
味方2~3人がファイアソードを一度ずつ使うだけで部位を2つとも破壊できます。


部位を破壊してしまえば、敵は単体攻撃の火球しか使わなくなるので、後は楽勝ですね。
毎ターン適当に弱点を突き、必要があれば回復魔法をかけるだけです。
軽く蹴散らしてしまいましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)