テリオンのメインストーリー3章。
緑竜石を盗んだやつらを追って闇市場の奥地へと進んで行く。
道中で雑魚敵とのイベント戦闘を挟みつつ、最奥地にたどり着いたらボス戦です。

DSC_0001

-ガーレス
HP 38962
弱点 剣、斧、杖、氷、風(ブレイク値5)
・たたかう 827
・ライフスティールダンス 追加効果でHP吸収(ダメージ合計の半分ほど) 全体 946~1137
・マジックスティールクロー 追加効果でSP吸収 1136~1529
・鬼炎 全体 942~1023
・回避の呼吸 回避率アップ
・防御姿勢を取った 弱点が2~3つロックされる
・遅すぎるぜ(1ターン目に使用) 次のターン以降の行動回数+1

-盗賊団幹部
HP 7305
弱点 槍、短剣、火、雷(ブレイク値5)
・たたかう 404~507
・斬りつける 894~947
・乱斬り 都度ランダム対象に計4~5回攻撃 347~465
・気付け薬 単体ブレイク回復


盗賊団幹部たちの「気付け薬」がすごく厄介!…どころか、ものすごくラッキーですね笑

ガーレスをブレイクするたびに気付け薬を使ってくるのですが、ただし回復された者のそのターン中の行動はないという点に注目する。
そしてガーレスのブレイク値もたかだか5だけ。

つまり、ガーレスをブレイクして、気付け薬で回復させて、ガーレスの行動順が回る前にまたブレイクして…を繰り返すのが容易なんです。
念のため剣士を連れて来れば、「一番槍」で味方の行動順を調整することで、ガーレスに行動させないターンをより多くできます。

ついでに盗賊団幹部たちからの攻撃を受ける回数も減らせられますし。


気付け薬よりむしろ厄介なのは、ガーレスの「ライフスティールダンス」「マジックスティールクロー」。
ライフスティールダンスはHP吸収もさることながら火力が高く、マジックスティールクローで削られるSPは50~100前後にも及ぶ。
一気に壊滅し得る恐さです。

なので、序盤は盗賊団幹部たちは倒さず無視して、ガーレスをブレイクし続けることに注力するのが良いでしょう。

余裕があるときだけテリオンに「ライフスティールダガー」「マジックスティールダガー」などを使わせ盗賊団幹部のうち片方のブレイク値を削っておく。
さらに余裕があれば2体のうち片方だけは倒してしまっても良いかもしれませんね。


終盤になると、こちらもどうしても全体攻撃を使う場面もあるので、盗賊団幹部たちを2体とも撃破してしまう可能性もあります。
が、テリオンに「コウモリ」を使わせガーレスの物理攻撃力を下げたり、「フクロウ」で物理防御力を下げて敵の回復力を上回る与ダメージが出るよう工夫すればokです。

他に注意点としては、ガーレスの弱点属性持ちは多く連れてきた方が良いということでしょうか。
この戦術はそもそもガーレスをブレイクさせられなければ意味がないので、「防御姿勢を取った」で複数の弱点をロックされた後も安定してブレイクできなければなりません。


とまあこのくらいですね。
倒したらイベントのみで話が進み、3章が終了しました。





松山勝弘(まつやままさひろ)