ハンイットのメインストーリー2章、幻影の森の最奥地にてボス戦です。

DSC_0004

-森の主
HP 43504
弱点 剣、斧、火、光(ブレイク値7)
・たたかう 416
・踏みつぶし 追加効果で気絶 496~622
・沼落とし 追加効果で沈黙 571~597
・命喰い 残HP1まで削られ、削った分だけ自身のHP回復、さらにブレイク最大値+1&一部弱点を変更
・森がざわついている…… 次の行動順に「森の怒り」を発動 全体 582~738
・森に生命を分けあたえた(1ターン目) 「ゆれうごく樹木」を2体召喚
・森に生命を分けあたえた(HP赤色で) 「猛毒きのこ」を2体召喚

-ゆれうごく樹木
HP 5982
弱点 斧、火、雷(ブレイク値3)
・たたかう 133~234
・暗闇の針 追加効果で暗闇 320
・大木枯らし 全体 237~310

-猛毒きのこ
HP 7274
弱点 短剣、火、風(ブレイク値4)
・たたかう 250前後


森の主も、召喚される雑魚敵も、どれも火が弱点なので学者がいるだけで大分と楽です。
沈黙にされないよう学者には耐性装備を着けておくか回復アイテムだけ用意しておきましょう。

回復は、今回は神官を連れてくるよりはハンイットに任せるのが良いかと思われます。
学者と同じく沈黙対策が必要になってしまうという点を考慮したのと、全体大回復できる魔物「あばれる植物」は道中で簡単に捕獲できるので。
予め2~3体も捕獲しておけば回復は万全です。

気絶は成功確率が低めだったのとターン数が少なめだったので無視します。
最悪の場合はアイテム回復すれば良いですし。


戦闘開始直後に雑魚敵を召喚されると思うので、まずはこれらをさっさと片付けてしまいましょう。

その後しばらく戦っていると、「命喰い」によって敵の弱点が変化しました。
最初から決まっているのか、攻撃されたキャラによって変化する弱点が変わるのか、完全にランダムなのかなど、詳細は不明です。
が、ブレイクするたびに命喰いをしてきたので、おそらくランダムではないかと。

一応ぼくの場合は、一度目はバトルジョブ神官のプリムロゼが攻撃され、敵の弱点は「槍、短剣、斧、火、闇」に変わっています。
二度目はバトルジョブ薬師のサイラスで、弱点は「弓、杖、火、風」に変化。
三度目が盗賊のトレサ、弱点は最初の4つに戻る。
と、こんな感じでした。


最初の雑魚2体を倒せばしばらくは楽ですが、クライマックスでまた雑魚を2体召喚されるのが厄介ですね。
ぼくは森の主のHPがもうほとんど残っていなかったので、猛毒きのこにほとんど何もされないうちに倒せましたが…(森の主を倒せば猛毒きのこも消える)。
「猛毒」というくらいですから、毒の状態異常にする技はきっと持っていたでしょう;;

最後は一気に止めを刺せるよう、敵の残りHPを見ながらブレイクとブーストのタイミングを計った方が良いかもしれません。


倒したら自動帰還。
町でのイベントをこなしたら、2章が終わります。





松山勝弘(まつやままさひろ)