シ・ワルキから、北シ・ワルキ森道、西シ・ワルキ森道、東ヴィクターホロウ森道と移動し、「ヴィクターホロウ」に到着。
オルベリクのメインストーリー2章を開始します。

DSC_0002

最初のイベントを見終えたら、一つ手前のエリアに移動して次のイベント。
闘技大会に出場するため、本戦進出者に決闘を挑むことになりました。

そのためにまず、自身の実力を示すべくその辺の強者たちと戦う必要があります。
セーブポイント付近に1人と、ここから東へ真っ直ぐ行ったところに1人、計2人です。

DSC_0003

オルベリクのフィールドコマンド「試合」で戦闘を始める前に、アーフェンの「聞き出す」やサイラスの「探る」を使っておくと、敵の弱点を予め知ることができました。


セーブポイント付近の相手は槍が弱点だったので、ブレイクする1ターン前にアビリティ「一番槍」で先手を取るようにすると楽になります。

2人目は剣が弱点で、ブレイク後は3段階ブースト「十文字斬り」で一気に削れますね。
もしオルベリクのバトルジョブが盗賊なら、敵は短剣も弱点だったので「ライフスティールダガー」の連発だけで楽勝かと。

それと、どちらの相手も「鉄壁」で物理防御力を上げておくのも有効です。
まあピンチになったら回復アイテムを使うだけなので問題なく勝てるでしょう。


2人とも倒したらイベントで、本戦出場者がのこのことやってきました笑
奥のエリアへ移動し、今回はフィールドコマンドではなく普通に話しかければokです。

予め回復したり弱点を調べておいて、戦闘開始!

…なのですが、ここは1対1ではなく、パーティ全員で挑む通常の戦闘でした。
事前の回復はパーティ全体に施しておきましょう。
(続きの記事、ビクトリノとの戦闘はこちらです。)





松山勝弘(まつやままさひろ)