オフィーリアのメインストーリー2章。
暗がりの森の最奥地にて、エミールに近付いたところでボス戦です。

DSC_0002

HP 34969
弱点 剣、槍、氷、雷、光(ブレイク値5)
・たたかう 164~261
・獣の爪 全体 243~347
・獣の牙 追加効果で物理防御ダウン 741
・こちらを警戒している ブレイク最大値+2(ブレイクから復帰後に必ず使用)
・爪研ぎ 物理攻撃アップ
・気が立っているようだ 次のターン以降の行動回数が1回増える(1ターン目に必ず使用するので2ターン目以降2回行動になる)
・怒り狂った 次のターン以降の行動回数が1回増える(HP黄~赤の終盤で使用し、計3回行動になる)


取り巻きの雑魚はおらず、敵はボスのフローズヴィトニルのみ。
ですが行動回数を2、3と増やされるうえ、ブレイク最大値も11まで増えたのを確認しています。

ブレイク最大値の方はおそらく上限はないと思いますが、11の時点で倒したのでそれ以上増えるかどうかは不明です。
何にせよ終盤になるほど厄介な相手なので、序盤、余裕のあるうちにBPが多く溜まっている状態を維持したり、HPSP回復はこまめにしておきましょう。


ラストは一気に止めを刺すだけで済むようにさえしておけば、楽な一戦になるでしょう。
剣士を連れているなら、アビリティ「千本槍」を使うと敵のブレイク値を一気に削れるのでより楽になります。

ただ、工夫をしていなくとも、オフィーリアにSP回復アイテムを使いまくれば全体大回復は簡単なので、泥仕合になるとは言えどうにか勝ち切ることもできそうですね。


倒して自動帰還したら、大聖堂へ。
後はイベントで進み、2章が終わりました。





松山勝弘(まつやままさひろ)