プリムロゼのメインストーリー2章、黒曜館にてボス戦です。

DSC_0001

左腕の男のほか雑魚が2体いました。


確認できた情報は以下の通り。

-左腕の男の男ルフス
HP 30358
弱点 槍、杖、雷、光(ブレイク値7)
・たたかう (数回しか使われず偶然にもすべて回避したため被ダメージ量は不明)
・回し蹴り 全体 340~421
・連打 追加効果で気絶 2回連続攻撃 1回あたり224~231
・精神を統一した 次のターンに「黄金の左」発動 追加効果で気絶 全体 450~521

-黒曜会構成員
HP 5060
弱点 短剣、斧、氷、風(ブレイク値3)
・たたかう 169
・急所突き 211~287
・疾風斬り 全体 245~319
・乱れ投げ 都度ランダム対象に計4回攻撃 1回あたり200前後

敵の弱点を考えると、回復役は薬師、攻撃役に学者や商人あたりが欲しいですね。
バトルジョブを含めたら神官や剣士など他に使い勝手の良い職業も揃えられるでしょうが。


序盤は、左腕の男は大技は全然使ってこなかったので、早めに雑魚を倒しにかかります。
薬師や学者、商人の全体攻撃アビリティで雑魚2体をブレイクさせブースト攻撃です。
薬師や神官は敵がブレイクしている間に全体回復をしておく場合もあり。

プリムロゼは、バトルジョブが全体攻撃で敵の弱点を突けるなら突き、そうでないなら補助アビリティでも仲間に配っておきましょう。
もちろん誘惑で連れている人がいるなら加勢させておきます。


雑魚と戦っている間に、余裕があれば左腕の男のブレイク値も適度に削る。
できるだけ、ブレイクさせないギリギリまで削っておきたいところです。

雑魚2体を倒した後、精神統一が来たらすぐにブレイク!
ブレイク後はもちろんブーストで高火力攻撃を。
ただ、次の精神統一がすぐ来た場合のことも考え、ブースト&通常攻撃でブレイク値を一気に削れるキャラ1~2人は、敵のブレイク中にはBPを温存しておくのも手です。

ぼくの場合は、ブレイク中のブースト攻撃は概ねハンイットのみにさせました。
捕獲中の魔物が強さ4~5で、ブレイク中に3段階ブーストで弱点を突ける魔物をけしかけると、それだけで5000前後削れたので。
最初の主人公に選んだので外せないというのもありますが、ブレイク値を削るのにも複数回攻撃してくれる魔物が大活躍してくれています。


ハンイット Lv29(バトルジョブ商人)、プリムロゼ Lv23(神官)、サイラス Lv20(薬師)、オルベリク Lv20(狩人)という構成で勝利しました。
回復役が2人いれば、「連打」で片方が気絶させられても問題はありませんし、1人しかいなくともアイテム「気絶の治療ハーブ」で回復させれば良いだけです。

アイテムは村のよろず屋に安価で売られていましたし、基本的には全体回復役が安定していれば問題なく勝てる相手でしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)