旧寺院エリア5区にて、ナイトメア戦のもとまでやってきました。

まずは部位破壊戦です。
確認できたのは通常攻撃くらいで、火力も大したことはありません。
普段通り、適当に範囲攻撃を連発してさっさと全部位を破壊してしまいましょう。


全部位破壊が終わったら連戦、ここからが本番です。

神獄塔 メアリスケルター2_20180721141410

とりあえず雑魚本2冊は早めに倒してしまいます。
火弱点なので火属性の攻撃手段を用意しておくと良さそうです。

と言っても、FEARだとそこそこHPがあるので、集中的に狙っても本2冊のターンが何度かありましたが…。
まあ本2冊は通常攻撃だけだったので、耐久力とHP回復さえクリアできればokですね。


旧寺院ナイトメアのHPはFEARで9000~10000ほど。
…ものすごく長期戦だったためどこかで計算ミスしている可能性が高く、あくまでも目安としてお考えください;;

NORMALならHP5757(後で図鑑で確認)、土弱点・火耐性、それと毎ターン1~2回行動です。

・通常攻撃 121~171
・月がもたらすまどろみ 追加効果で睡眠 全体 74~195
・詠唱を始めた 次の敵行動順に「月からの旋風」を発動 全体 115~258
・月の護り 全体被魔法ダメージ減少
・月の輝き 行動速度ダウン付与
・月の癒し 最大HPの20%ほど(?)回復 1572~1654   6
・受け流しの構え 次の敵ターンまでダメージ半減


まず厄介なのが「月がもたらすまどろみ」による全体攻撃&睡眠の状態異常。
そこそこ頻用してくるので、睡眠対策は必須です!

できる限り全員に睡眠耐性または状態異常無効の装備を用意しておきましょう。
つうは十文字槍、グレーテルはブルードゥナスなど武器でカバーできるキャラは楽ですね。
防具やアクセサリーが要るキャラはブラッドファームにて出るまで粘ります。


睡眠と同等以上に厄介なのが、「月の癒し」による大回復!
これ、おそらく使用回数に制限がなく、普通に10回以上使われました;;
そのため高火力の攻撃手段も必須です。

が、それ以上にやっておきたいのは、つうの行動順では毎回ジャックに「ナイトメアくうかん」を使わせること。
他のボスと比較して結構成功しやすかったのが救いでした。

それでも失敗することがあるので、できるだけ攻撃を仕掛けたい。
なので、回復はすべてアイテムで済ませます。
人魚姫などの「エクスヒーリア」は詠唱で1ターン余計にかかるので、今回は一切使用しません。


つうの行動順は、ナイトメアくうかん&ジャックに「しんこきゅう」させる(一度の戦闘で3回ジャックリッパーになったらゲームオーバーになってしまうことをお忘れなく)。
または2行動ともアイテム回復など。

つうだけだと運次第では回復が間に合わない可能性も高いので、グレーテルの職業「アイテムツーラー」でスキル「アイテム」を最大レベルまで習得しておくことが重要。
それともちろん、放浪商人から全体回復アイテムを多めに購入しておきます。
(ついでに、睡眠耐性が多少あっても睡眠にかかることがあるので、状態異常回復アイテムもいくらか。)


極力火力を出したいので、「舐める」もできるだけ使わないように。
ジェノサイド化での高火力攻撃を仕掛けましょう。

舐める対象は基本的に、攻撃をほとんどすることがない、つうのみ。
ただし、ブラッドスケルター化が1人でも出たらもうジャックの余裕がなくなってしまうどころか後手後手に回ってしまうため、「じょうか」が間に合わないならそのキャラも舐めます。


後は、ボス戦前に一度拠点に帰還したとき、ジェイルマネージで「敵全体ダメージピース」を付けられるだけ付けておくのも一手です。

神獄塔 メアリスケルター2_20180721153409

雑魚戦ではまったく使えないピースですが、特にこのボス相手には非常に便利!
戦闘中に食欲ボーナスなどでルーレットが回ったときに、10~15%の与ダメージ(FEARなら1000超え)が狙えます。


ちなみにですが、敵が回復を初めて使ったのは、HPが半分前後削れてからでした。
以降は最大HPの4分の1くらいしか削れていないときでも普通に使ってきました(ほぼ全回復;;)が、少なくとも本2冊を片付けるまでは回復は使われることはないでしょう。

なので序盤は敵の行動を気にせず削りにかかって問題ありません。


その他の注意点を一つだけ。

敵が受け流しの構えでダメージ半減しているときにナイトメアくうかんが成功した場合、敵の次の行動順でナイトメアくうかんが解けても、受け流しの構えは解けません。
つまり、受け流しの構え中に連続でナイトメくうかんを成功させたとしたら、ずっと与ダメージが半減されてしまうということになります。

まあそれでも敵に動かれるよりはマシですが、SP消費量の多いスキルは受け流しの構え中には使いたくないですね;;


倒し終えたら引き続き探索です。
この先の探索は短めですが、とは言えかなり大変な一戦でしたし、ワンダーホールで一度帰還しても良いでしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)