8人の主人公がそれぞれ持っている固有のスキルやコマンド。

DSC_0003

アーフェンの持つ「調合」は、戦闘中に調合素材を消費することで薬剤を作りだし、攻撃や回復を行うことができます。


まずは戦闘中、アーフェンの行動順で「調合」を選択。

DSC_0004

「薬の素材」「薬の素材(拡散)」「劇物の素材」などの選択肢から出したい効果(通常回復か全体回復か、はたまた攻撃かなど)を選ぶ。

ここで注意ですが、回復や攻撃などの効果を決める、これら「薬の素材」や「劇物の素材」なども消費アイテムの一つです。
調合素材の基礎アイテムとでも言えば良いのでしょうか。

何にせよ、これらを持っていなければ何も始まりません。
道具屋で購入するなりして一定数は所持しておきましょう。


さて、戦闘中に調合にて、「薬の素材」「劇物の素材」などの基礎素材から出したい効果を選んだら、続いて詳細な材料選びに切り替わる。

DSC_0005

ここで選んだ素材に応じて、細かい効果が変わります。

例えば「薬の素材」で「ドクリミキの葉」なら、HP回復&毒回復の効果。
「劇物の素材」で「ドクリミキの葉」なら、毒の追加効果を持つ、火属性の2連続攻撃など。

ちなみに、一度でも調合で使ったことのある素材にカーソルを合わせたら、どんな効果なのかが表示されます。
一度も使ったことがないものはその素材の説明文から何となく予測をつけるか、予め雑魚戦で使用して効果を判明させておくか。


注意点として、同じドクリミキの葉でも、薬の素材では使ったことがあったとしても劇物の素材で使ったことがなければ、劇物の素材でドクリミキの葉にカーソルを合わせても効果は表示されません。

すべての組み合わせで一度ずつ使う…というのはさすがに厳しいですね;;
安価などの理由で簡単に手に入るアイテム以外は、何となく予測を付けた方が良さそうです。
素材の説明文を見れば大体の法則性もすぐにわかりますし。


後は、ブーストの効果は調合には乗らないということも一応書いておきます。


攻撃ならいろんな属性や追加効果を持たせやすいし、回復なら状態異常も同時に消せるのは魅力的なアーフェンの調合。
アーフェンはいろんな敵に対応しやすい、柔軟なキャラと言えるでしょう。

ただ調合素材を一定数以上持っている状態を維持するには、少なからずお金もかかってしまう。
もしアーフェンをメインで使うなら、お金を貯めることや節約することも同時に考える必要がありそうです。
(ドクリミキの葉など、適当にドロップで手に入るものもありますが。)





松山勝弘(まつやままさひろ)