本日よりオクトパストラベラーのプレイを開始しました。

最初に、物語を進めるキャラを8人の主人公から自由に選べるようですね。
悩みましたが、後から同セーブデータで他の主人公たちのメインストーリーをプレイすることもできるみたいですし、とりあえずマップ上角っこにいるキャラからハンイットを選んでみました。


ハンイット1章開始。
イベントを見終えたら、村の狩人としての仕事がないか村長のもとへ確認しに行きます。

DSC_0001

画面右下のレーダーを見れば、メインストーリーやサブストーリー、セーブポイントおよび隠しアイテムのある場所が一目瞭然。
村長の居場所は、メインストーリーなので緑色のマークのところですね。

少し南西へ進むと、村長の頭にも同じく緑色のマークが付いていました。
これなら今後もメインストーリーの場所を見つけるのは簡単そうです。


村長から話を聞き終わったら、次は村の若者たちに魔物をけしかけて戦闘をすることに。
村長のすぐ近くにセーブポイントもあるので、ここで一度セーブしておくのも良いでしょう。

今度は若者2人にメインストーリーマークが付いています。

DSC_0002

彼らに近付きYボタン。
ハンイットのフィールドコマンド「けしかける」が現れ、コマンドを選択するとバトル開始です。

どちらも雑魚すぎるくらいの雑魚で、何も考えずに「リンデ」「モリギツネ」などで攻撃すれば楽勝で倒せました。


倒した後は自動でイベントが発生し、話が進みます。
どうやら急の依頼が入ったようですね。

村長のもとへ向かい依頼の話を聞いた後、村長や依頼主など、村にいる人たちに「けしかける」を試してみたところ、普通に戦えました笑

村長や依頼主などを倒すのも笑えましたが、「この先は立ち入り禁止だ」と建物の前で通せんぼしている人物をけしかけるで倒すと、建物内に入れます。
なるほどこういった有用性もあるんですね。

DSC_0003

ちなみに建物内部には宝箱がありましたが、今のパーティでは開けられないとのことなので、キーになるキャラを仲間にするまでは入る意味はありません。
建物内にいた子どもにはけしかけるでのバトルができませんでしたし。


けしかけるを使えば、レベル上げはダンジョンに出なくても良い分簡単にできそうですが、注意点が二つほど。

ハンイットのステータスを確認して見たところ、けしかけたバトルでは何度か敗北すると人々との関係性が悪化するそうです。
関係性が悪化すると、フィールドコマンドを使えなくなってしまう。
酒場のバーテンダーに話しかけると「関係性の改善」というコマンドがあるので、お金を払って改善してもらわなくてはなりません。

もう一つ、けしかけるのバトルでは、ハンイット自身の攻撃は使えない点にも注意が必要です。
弓や斧の通常攻撃もそうですし、アビリティの使用もできない。
魔物たちに頑張ってもらうほかありません。
(でも敵の攻撃でHPが削れるのはハンイットですが笑)


ではでは、先ほどの急に入った依頼をこなすため、ささやきの森へと向かいましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)