真白ナノテクノロジー研究所、海上プラント1~2階の探索を進め、LvDの扉を開けたら一度ガレキ島に自動帰還。
イベント後に探索再開です。
今回の記事は少し長くなります(分けるとわかりづらくなってしまうためまとめました)。


まずは開けたLvDの扉の先、エレベータで下りて「研究エリア・レベル1」に入る。
すぐ目の前が氷床の部屋になっていました。
東西の壁からは蒸気か何かが噴出されていて、近くを通ると被ダメージがあります。

正解のルートだけ書いてしまうと、まずはスタート地点から北・東・北と進む。
そこの壁にあるレバーを下ろす。
レバーを引いたことで時計の音が鳴り始めるのですが、音が止むと、この位置から数マス南に柱が出現するという仕掛けです。
この柱が出現する前(時計の音が止む前)に、スイッチの位置から南・南へと移動。
ここで待機し、柱が出現したら北・西・西で、奥へ続く扉に到着します。


イベントを見終え、少し進むと、壁から音波が定期的に噴出されている場所に出る。
タイミングを図りながら進んでも良いですし、ここの北にある落とし穴から落ちてしまっても大丈夫です。

マップ南まで進めば「研究エリア・レベル2」に下りる階段がありました(エクステンドTVのイベントあり)。
近くには海上プラントに戻るエレベータも。
それと、この辺りに年齢認証扉があります。
全員が青年期だと「若すぎる」からと開けられませんでした。
後で老年期のキャラがいるときに開けましたが、壮年期でも開けられるかは不明です。

DSC_0011

マップ南西にはセーフティーゾーンがあるので、音波ゾーンで受けたダメージを回復しておくのも良いでしょう。


落とし穴から落ちて研究エリア・レベル2の着いた場合のルートについて先に書いていきます。

すぐ東の壁をクリオネで壊したら金庫などを発見。
ただ、どこから出てくるのか擬態型クリーチャが次から次へと湧いてきたので、早めに外へ出た方が良いです。

床スイッチを踏むと、扉が開く代わりに周辺のダメージ床も作動するので、部屋から出るのに多少の被ダメージは覚悟しなくてはなりません。
また、扉は数秒経つと閉まってしまうので、出遅れると再度床スイッチをを踏む必要が出ます。


行き止まりまで進んだら落とし穴があるのでそこから「研究エリア・レベル3」へ。
広い部屋に出ると、猿のボスクリーチャもどきが大量にいました。
どいつもこいつも直径2マスのガス攻撃をしてくるので、なかなか近付けず大変で;;
後でわかりましたが、通路にあるPボタンを押すことでこれらボスクリーチャもどきが出現するようです。

ボスクリーチャもどきをすべて処理したところで、北西の扉の先へ進み、Lv2キーをゲット。
レバーを引くと落とし穴を開閉させられ、落ちると下の「研究エリア・レベル4」に到着しますが、今行くと戻ってくるのが面倒くさくなるので決して落ちないように。


続いて、研究エリア・レベル1で落とし穴から落ちずに、階段を使って下りた場合に関してです。
研究エリア・レベル2ではすぐに下への階段が3つ見つかり、他には何もなし。

3つのうちまず西側の階段を下りて研究エリア・レベル3へ。
ここは、上記の「落とし穴に落ちた場合」ルートと繋がっています。
…すぐに合流しましたね笑

どちらかのルートでLv2キーを1つゲットしたら、階段で研究エリア・レベル2に戻る。
続いて3つの階段のうち南のかいだんを下りてみると、強化剤を拾える部屋やセーフティーゾーンがあるだけの行き止まりでした。

研究エリア・レベル2に戻り、次は東の階段を下りる。


ここもまた同じような構造で、北と南に階段が1つずつと、東に落とし穴です。
中央のマスは通ると時々方向転換させられます。
真っ直ぐ進んでいると思ったらいきなり右に曲ってしまった!なんて事態が起こるためご注意ください。

後で「この場に戻る」と言いたいので、現在地を仮に「ポイントA」と名付けておきます。
「ポイントAに戻る」と書いてあったら、この場に戻るということです(この先ポイントBやCはありませんが…笑)。


ではまず、北の階段で研究エリア・レベル2へ。
一本道の通路を進み、9マスの開けた場所に出たら、北東の壁の高い位置にスイッチがあるので押す。
開いた扉の先はすぐ、研究エリア・レベル3への階段です。

階段で降りた先にはいくつか小部屋があり、南側の、東から2つ目の小部屋内、壁の高い位置にスイッチがあるので押します。
これで北側の西から2つ目の小部屋の壁が開けて、その先にはLv2キーがありました。

入手したら、「ポイントAに戻る」。


今度は南の階段から研究エリア・レベル2へ。
Pボタンで扉を開けられ、この先は迷路になっています。

Pボタン付近で迷路のヒントが得られ、「256の星が正しい道に導く」と書かれている。
迷路内には、スイッチがある壁には何らかの星座または手鏡の絵が。

ここでヒントの解読ですが、「256の星」とは「2月5月6月のいずれかが含まれる星座」のことです。
他のダンジョンで入手した星座早見表を見て、2月5月6月に該当するのは、「おうし」「ふたご」「かに」「みずがめ」「うお」の5つであると判明。
これらのスイッチを押せば良いわけですね。

ただし256の順である必要があり、同じ2なら、先に訪れる「みずがめ」の方を「うお」より前に押さなくてはなりません。


迷路に入ったら、とりあえず行くところがないので「手鏡」のスイッチを押します。
次に「みずがめ」「うお」と押してみると、これ以上奥へ進めなくなったので再び「手鏡」を押してみる。
後は残りの「おうし」「ふたご」「かに」と押して、北東にあるゴールの扉が開きました。


ゴールの扉の先へ進み、階段から研究エリア・レベル3へ。
奥へ進み少し広い部屋に出たら、壁に5つの絵とスイッチがあります。
ここも星座の描かれたスイッチが正解でした。

獅子の絵が描かれている一番北のスイッチは、道中の小部屋の扉を開けるスイッチです。
南側の2つ、天秤と乙女が先へ進むのに押す必要のあるスイッチで、残る2つは、押すと擬態型クリーチャが出現する模様。
奥へ進み、Lv2キーを入手したら、「ポイントAに戻る」。
今回は戻るまで長い道のりですね;;

DSC_0012
DSC_0013

これで残るは研究エリア・レベル4のみ。


ポイントAに着いたら、ラストは東の落とし穴から落ちます。
皆陽学園初等科校舎のボスクリーチャもどきがおり、石像もいるので、戦うなら先に石像を倒さなくてはなりません。
影男型クリーチャもいて結構厄介な部屋でした。

DSC_0014

マップ南の、海上プラント・1階に戻るエレベータのある扉を除くと残る扉は4つ。
通常の床スイッチ、2.0kg以上のアイテムを置いておく必要がある床スイッチ、通常のスイッチ、後は「花火」を置く必要がある台座で、それぞれの扉が開きます。

Lv2キーがあるのは、花火を置く台座で開く扉の先。
大抵の方は持ってきていないと思いますが、その辺での入手は不可能です。
一度ガレキ島まで戻りましょう。


Lv2キーを入手したら、南のエレベータで海上プラント・1階に戻る。
すぐ近くに研究エリア・レベル1に下りられるエレベータがありますが、こちら側からだと行き止まりなので行く必要はありません。

Lv2キーは、これで最低限必要な分は揃ったので、後はLvCキーを探しに行きます。


海上プラント・1階の北東から2階へ上がる。
南へ進みLv2扉を開け、その先へ…行くとすぐに落とし穴に落ちてしまうため、先に落とし穴を閉じておかなくてはなりません。
2階へ上がってすぐの部屋の、西の扉から進んで行く。
こちらにも落とし穴があり、その手前の壁にあるレバーをいじると、落とし穴を閉じられます。

来た道を戻り、Lv2扉の先へと進むと、ハシゴがあるので3階へ。
3階へ上がるとすぐに青い光が見つかるので、調べてLvCキーをゲットです!





松山勝弘(まつやままさひろ)