クルーズ客船ベルエモアに入って数歩進むとすぐエクステンドTV。
見終えたら真っ直ぐ進みマップ中央へ。

マップ中央の部屋はマップを見る限り「ダメージ床」なるマスがいくらか存在していますが、あるスイッチを押して作動させない限り無害なので無視して大丈夫です。

そのまま北の扉を調べると、鍵がかかっていることがわかります。
この扉の鍵を今から探さなくてはならないのですが、鍵は2つあり、ここより東側と西側の攻略でそれぞれ1つずつ入手できました。
最終的にこの場に戻ってくるため、東側と西側のどちらから攻略しても変わりはありません。

とりあえずぼくは東側から進めています(西側探索の記事はこちら)。
(今回は長い記事になっていますが、分けるとわかりづらくなるため一つにまとめています。)

DSC_0002

ラウンジデッキの東側半分ですが、まずマップ北東角のマスの壁にある非常口の蛍光灯があり、スイッチが隠されているので調べると近くの扉が開きました。
開けた扉から入れる部屋には手記や金庫が。

マップ南東の部屋に罠作動のレバーが2つある点に注意。
その罠作動レバー2つの東隣にあるレバーに触る。
隣のエリア「客室後部・垂直デッキ」に繋がる扉が開くので、さっそく次に向かいましょう。
(3つとも同じ見た目なので間違えないようにご注意ください。)


次のエリアで、初見モンスターの青いブタ(暗いので黒色にも見えますが名前がアオちびブタでした)や、上半身のみのクリーチャがいました。
青いブタはチャージ攻撃を正面からは当てられず、側面や背後からならダメージを通せるのを確認しています。

DSC_0004

東に続く扉が5つ。
中央の扉を開けたいのですが、そのために残る4つの扉の攻略が必要です。
正確には、北側2つの扉のうちどちらか1つと、南側2つの扉のうちどちらか1つを、それぞれ攻略する必要がありました。

とりあえず中央の扉の両隣の壁に付いている張り紙を呼んで、ヒントを得ておきます。
北側のヒントは「ミカジネ リョウのスイッチをON」、南側のヒントは「クボ ゼンのスイッチをON」ですね。


中央以外の4つの扉の先の小部屋にはそれぞれ台座があり、正解のアイテムを置くと先へ進めるという仕掛け。
正解は北から順に、「ヤギの乳」「岩塩」「完熟リンゴ」「タマゴ」でした。

ヤギの乳か岩塩、完熟リンゴかタマゴ、すなわち計2つのアイテムがダンジョン攻略には最低限必要です。
このダンジョンでは入手できないものばかりなので、予め用意しておく必要があります(持っていない方はリセットするなり帰還して持って来ましょう)。


あ、そうそう。
ここからは落とし穴がところどころにあるためお気を付けください。
下のエリア「客室後部・浸水エリア」にたどり着きます。

客室後部・浸水エリアにはダメージ床がいくらかあり、スイッチをいくらか押すと解除可能。
ダメージ床はタイミングよく行けばノーダメージで通れるので、スイッチ解除まで被ダメージを負わずに進むこともできました。
後は、不可侵の「水辺」マスから、シャチかイルカかとアシカを合わせたような初見モンスターが飛び出てくることがあります。
ダメージ床は敵にもダメージを与えるということをここで確認。

とりあえず、もし落ちたら、マップ北西にハシゴがあるのでそこから戻って来ましょう。


5つの扉の仕掛けの話に戻ります。
北側の2つのうち、ヤギの乳や岩塩を台座に置いて奥への扉を片方だけでも開けたら、奥へ進む。
壁に絵とスイッチが並んでいますが、このうち「メガネ」のスイッチが正解です。

先ほどのヒント、ミカジ「ネ」 リョウ。
本当の名はミカジ「メ」リョウなので、「メ」が「ネ」になっている、つまり「メガネ」が答えということですね。

マップ埋めのためには間違ったスイッチも押す必要がありますが、間違ったスイッチは押すとクリーチャが出て来てしまうため、戦闘準備をしておきましょう。
(クリーチャはすぐ真後ろに出る場合と、スタート地点付近の通路など遠くに出る場合とがある。)

メガネのスイッチを押すと、5つのうち中央の扉が開きますが、その先すぐに、もう一つ閉まっている扉があります。
南側も攻略してこの扉を開ける必要があるわけです。


南側の2つのうち、完熟リンゴかタマゴを台座に置いて奥への扉を片方だけでも開けたら、奥へ進む。
同じように壁に絵とスイッチが並んでおり、今回の正解は「たぬき」です。

ヒントのクボ ゼンは、本当の名の「クボタ ゼン」から「タ」が抜けているので「たぬき」ですね。


北と南の攻略を終えたら、中央の扉より東へ。
エクステンドTVを見た後、とりあえず台座を無視して開いている扉の先へ行ってみると、落とし穴に囲まれていて進めないのを確認。
床スイッチもありましたが、踏んだら今通ってきた扉が閉まってしまうため、今この場でアイテムを置くという選択肢はハズレであることがわかります。

先ほどの台座にアイテムを置いて、開いた扉の先へ。
こちらも落とし穴に囲まれていて、そのままでは先へ進めませんが…手はあります。
ここから床スイッチの方を向いて、適当な手持ちアイテムを○ボタンで掴んだ後、□ボタン「長押し」で投げる。
床スイッチの上にアイテムが落ち、ここより北側の落とし穴が閉じました。
これで先へ進めますね。


閉じた落とし穴の上を通り北へ行くと、東に扉があるのでそこへ向かう。
次の扉は開けられませんが、壁にレバーがあるのを見つけたので、調べてから来た道をずっと戻ります。

床スイッチのところまで戻ってみると、南側の落とし穴が塞がっているのを確認できました。
今度はその先へ。


床スイッチがたくさんある場所に出るのですが、ここの床スイッチは踏むと隣接マスの落とし穴が開閉します(閉じているものは開いて、開いているものは閉じる)。
マップ埋めする場合でも、落とし穴に落ちずに一発クリアは可能です。
まあ、マップ埋めするなら別の場所の落とし穴に何度も落ちなくてはなりませんが;;笑

この仕掛け地帯にあるクルマより西側を、ぐねぐねと移動しつつ、クルマの北側、クルマの東側へと移動。
クルマの2マス東隣の壁にレバーがあり、触ると次の扉が開きます。

落とし穴と床スイッチの仕掛けは解かれないので、落ちないよう気を付けつつ今開けた扉の方へ。


次の部屋はすべての扉が開けられないため、部屋にある落とし穴から下のエリアに落ちる必要がありました。
縄を持っていれば安全に降りられるそうですが、そんな邪魔になりそうなもの、普通は携帯していませんよね…;;笑


落とし穴から落ちて、「客室後部・浸水エリア」の東側に到着。

DSC_0005

ここでトカゲを見つけましたが、猿山ツリーハウスビレッジのそれとは色が逆で、赤色がしっぽ側でした。
チャージ攻撃をするときはご注意ください。


南へ行くと上のエリアに戻るハシゴがありますが、とりあえず北へ。

がらくたの山が邪魔してそれ以上は北へ進めないところがありましたが、前のダンジョンのがれきの道同様、後で来たときは通れるようになっていました。
日にちによって変わるタイプではないかと思われます。
(がらくたの道の先には金庫があるのみ。中身は火力の高い強力な武器。確率で、金庫の解錠に失敗すると電撃の罠で死亡することも。)


そこから西へずっと進むと行き止まりでエクステンドTV。
見終えたら目の前の光を調べ次のイベント。

このイベントを見た後、クロスケに追われるので逃げなくてはなりません。
マップ埋めなどは予め済ませておくか、後々再度訪れたときにしましょう。

クロスケは、最初は逃げ道の方から襲ってきます。
2マスほど動いて正面に攻撃、ここまでの一連の行動がものすごく早い!

まずはクロスケが近付いてくるまで粘り、動き出した瞬間にLRボタンで左右に逃げる。
うまく逃げ道から敵がずれたら、後は一気に南東にあるハシゴまで移動するのみです。

行動と行動の間にクールタイムがあるからか、長距離の移動は早くはありません。
逃げ道さえ確保できたら落ち着けます。


上のエリアに戻ったら、ここでやることはもうありません。
先ほどの光を調べたときに、お目当ての鍵のうちの1つ、メインフロアBの鍵を入手できているので。

床スイッチを踏んで扉を開け、最初のエリア「ラウンジデッキ」まで一気に戻りましょう。
もう1つの鍵を求めて西側の探索です!





松山勝弘(まつやままさひろ)