パワフェス3回戦対戦相手の「アナザーチャレンジャーズ」について。

実況パワフルプロ野球2018_20180506200401

1回戦、2回戦ともに1点差で勝利した場合のみ出現する。
ここでしか仲間にできないサクセスキャラがマネージャー含め3人もいるため、必ず一度は、狙ってでも1点差勝利を続けたい。
敵チームのキャプテン(以降は「ニセプロ」と呼ぶ)は主人公と同じ名前になり、能力値もほぼ主人公と同等。
ちょっぴりだけ相手の方が上。
ただ投手にせよ野手にせよ、3回戦くらいなら主人公も大した実力にはなっていないであろうから、それほど警戒する相手ではない。

矢部のそっくりさんである矢倍は、特殊能力の盗塁を持っていない代わりに通常の能力値は矢部よりちょっぴりだけ高い。
すなわちほぼ矢部。

その他の選手の能力値は3回戦レベルなので、総合すると大して強くはない相手である。

ちなみに、ニセプロの能力値を弱くしようと、主人公にまったく経験値を振らないといった作戦はおそらく無意味。
主人公が捕手でオールE程度の能力値のときに戦ったら、ニセプロはミート~肩力がD50、守備力C60、捕球E45だった。
つまり、ニセプロの能力値は最低でもこれくらいはという数値が決まっていると思われる。

実況パワフルプロ野球2018_20180506200419

経験値→70~
勝利報酬→神龍石(銀)
加入候補→3人


・ニセプロ(キャプテン)~最初からレベル13であり、主人公と同じ名前、かつほぼ同じ能力値である。主人公の能力値を上げるとニセプロの能力値も上がるため、最終的にはかなり強い選手にできる。ただ、当然ポジションは主人公と被るため、サブポジやDHがなくてはならず、使う機会はほとんどない。

「加入時特典」
筋力 10
敏捷 10
技術 10
変化球 10(投手のみ)
精神 10

「レベル10能力」
なし


・矢倍 萌雄~ニセプロとは違いレベル1で加入するため、育てる必要がある。アナザーチャレンジャーズとの対戦でしか仲間にならないため、レベル10まで上げるのはなかなか大変。最大レベルになっても矢部とほぼ同じ能力値なうえ使う機会などほとんどないので、面倒なら育てなくて良い。

「加入時特典」
敏捷 40
技術 40

「レベル10能力」
弾道 3
ミート B72 パワー C61 走力 B76
肩力 C64 守備力 B72 捕球 F37

守備位置 外野手
サブポジ なし
特殊能力 ヘッドスライディング


・紺野 美崎(マネージャー)~前作では最初からいたマネージャー。マネージャー能力は今作の「三ツ沢 環」とほとんど同じだが、紺野をマネージャーにすると主人公の打席は全操作できる。サクセスキャラたちのレベル上げ時は三ツ沢、主人公の育成では紺野が良い。リスクなしで主人公を強く育てたいときには最も優秀なマネージャー。

「加入時特典」
筋力 6
敏捷 6
技術 6
変化球 6(投手のみ)
精神 6

「マネージャースキル」
アシスト効果 : 主人公の成長だけを本気でサポート
ピッチャーお邪魔スキル : 内野安打○、初球○、対左投手A
経験点ボーナス : ご機嫌次第で・・・





松山勝弘(まつやままさひろ)