パワフェス1回戦対戦相手の「激闘第一高校」について。

モブの選手たちは通常の1回戦相当の雑魚なので、サクセスキャラの2人にのみ注意する。
まず先発投手の鶴屋の基本能力値は、球速144km/hでコントロールB、スタミナC。
変化球種と変化量はスライダー3とSFF3。
基本的にはSFFにさえ引っかからなければ直球でもスライダーでも問題なく打てる。
コントロールは良い方だが四球も持っているため、ファウルを繰り返し3ボールまで粘れれば塁に出やすい。
もし打てなくても、スタミナはそれほどだし力配分持ちなので、終盤には投手が代わるだろうから問題なし。

もう1人のサクセスキャラ少豪月は、何とパワーがSもある。
ミートは小さいが威圧感持ちなので、ど真ん中失投をスタンドまで運ばれる危険性も。
他に恐い打者はいないので敬遠してしまうのが手っ取り早い。

1回戦の中でもそれほど強くない相手なので、軽く倒してしまおう。


経験値→31~
勝利報酬→逃げ球の書
加入候補→2人


・鶴屋 勝(キャプテン)~いたって凡庸な選手。序盤の投手不足のうちならまだ使えないことはないが、選手図鑑が埋まる頃にはお役御免となる。

「加入時特典」
技術 20
変化球 20(投手のみ)

実況パワフルプロ野球2018_20180509183928

「レベル10能力」
球速 141km/h コントロール B70 スタミナ C65
スライダー 4 SFF 3

守備位置 投手(先・中・抑)
サブポジ なし
特殊能力 対左打者A、ノビA、力配分、四球、短気、走塁A、内野安打○

(野手能力)
弾道 2
ミート C65 パワー E45 走力 C69
肩力 C62 守備力 C60 捕球 D50


・少豪月 剛~レベルが上がればパワーSまでいくが、ミートがFと小さい。威圧感持ちなのでど真ん中失投を待ってホームランを狙うことも可能だが、無理して使うほどの選手ではない。

「加入時特典」
筋力 40

「レベル10能力」
弾道 3
ミート F32 パワー S90 走力 E41
肩力 B73 守備力 D55 捕球 E44

守備位置 三塁手
サブポジ 一塁手(F38)、外野手(F38)
特殊能力 威圧感





松山勝弘(まつやままさひろ)