第七話に入ると発生していたクエストの1つです。
場所はトリゴの街、「ラコント噴水」から南へ、建物の間を縫った先にある壁画の前。
そこにいるエレボスに話しかけるとクエストが始まりました。

エレボスはインヴィディア烈王国のクエスト「謎のメモ」(こちら)で出会った人物なので、謎のメモをクリアしていないと発生しなさそうですね。
エレボスのセリフやクエストの流れを考えると、トリゴの街のここにある壁画自体を解読していることもクエスト発生条件かもしれません。
(壁画を調べると必要なフィールドスキルが表示されるのでブレイドエンゲージで揃えて再度調べる。)


今回のクエストを始めたら、壁画に書かれている場所を突き止めることになります。

壁画に書かれている文字は「ひとつは 隠者の腹」。
クエストマークが付いているのでコンパスを頼りに探したいところですが、グーラ上層右半身は構造が複雑なんですよね;;

簡単なルートは、まずランドマーク「旅人の止まり木」にスキップトラベルします。
そこから南へ真っ直ぐ進み低所へ落ちる。
落ちたら、右手(西側)を見ながらもう少しだけ南へ進む。

DSC_0003

すると洞窟が見つかるのでその中へ入ってください。

洞窟内でツタを上り、その先はしばらく道なりに進む。
分岐点を右手に曲がったら、行き止まりの部屋で「一段階だけ」低所に落ちる。
そこにクエストマークが付いている地面があるので、調べて発掘します。
フィールドスキル「地属性の力」Lv5と「忍耐力」Lv3が必要でした。

発掘後、出てきた宝箱を調べて「謎のパーツA」をゲット。


トリゴの街の壁画の前に戻りエレボスに報告したら、パーツは計6つあることがわかります。
そのうち1つは今持ってきたやつ、1つはエレボスが最初から持っているようで、これから残りの4つを集めないといけません。

…これが大変で;;
壁画がある場所のヒントがまったくないので、本当に苦労しました;;泣
1つはクエストと関係なく既に発見・調べ済みだったんですけどね…後3つが…。

苦労した過程も書いてスッキリしたいところですが、それだと長くなるので答だけ笑
ぼくが見つけた順に書きます。


まずはアーケディア法王庁。
難民キャンプの北側の壁(北西のテントの裏あたり)に壁画があります。
フィールドスキルで調べて「集う島の貝洞窟」という情報をゲット。
壁画さえ見つけたらクエストマークでパーツの在り処を探せます。

リベラリタス島嶼群のフィールド「リジテ海域」のランドマーク「遺構の眠る島」の近くです。
(遺構の眠る島を解禁していない方は、まず「バルドタス島」に飛んで、北の分岐を右ルートへ。しばらく進んだら到着します。)

遺構の眠る島には大きな貝殻がいくつもあり、その中へ入れます。
貝のうち1つが洞窟のようになっていて、道なりに奥まで進んだらクエストマークの付いた地面で発掘です。
忍耐力Lv3と観察眼Lv3で発掘したら宝箱を開けて謎のパーツDをゲット。


2つ目は、スペルビア帝国。
帝都アルバ・マーゲンの「ナハール中央広場」に飛んで、付近の階段から屋上まで上がってください。
階段を上り切った後に、北の端からは木箱を使ってジャンプです。
わかりづらければランドマーク「アイヴィル商業区・屋上」から道なりに進みましょう。
シナリオで一度通った道なのでどうにかなるかと。

屋上の南西角からジャンプして南の紺色の建物へ(建物と言うより、皇宮の入り口と繋がっている壁か)。
飛び乗ったら、東側のやや低所に緑色のハシゴが見えるので、そちらへ飛び下りる。
ハシゴを下りたら、すぐ隣が壁画です。
観察眼Lv2、古代文明の知識Lv2でパーツのヒント「左肩背部の谷間を抜けた先」を入手。

帝都アルバ・マーゲンの上層を北の橋から外に出て、すぐ右手の斜面を下りて行き…と、後はクエストマークをコンパスでチェックしてください。
その辺はレベル60代の敵が多いので注意です(試しに時間を昼から深夜に変えてみても敵は消えませんでした)。
見つからないように&見つかったらダッシュで逃げて、クエストマークに近付いたり離れたりを繰り返しながら何とか戦闘なしで発掘ポイントに到着。
地属性の力Lv5、観察眼Lv2で発掘、開錠Lv6で宝箱を開けて、謎のパーツBが手に入りました。


3つ目、ルクスリア王国。
「王宮テオスカルディア」に飛んで、王宮の外に出たらすぐ左手(南)へ。
裏門に続く階段の近くに「気流の裂け目」があるので、風属性の力Lv3と跳躍Lv3で飛ぶ。
ハシゴを上って、左へ向かい、確かここにもフィールドスキルの要る扉があったと思います。
ぼくはこのクエストより前に既に開けていたので必要スキルはわかりませんが…;;
その先にハシゴがあるので引き続き上に向かう。
ハシゴを上っている途中の気流の裂け目を、地属性の力Lv7と跳躍Lv4でクリアしたら、最後までハシゴを上っていく。

DSC_0004

ここで、一見道が途切れているようですが、ハシゴを上った後に右手を見たら向こう側の壁にハシゴが宙ぶらりんになっているのが見えます。
勢いをつけてジャンプでそのハシゴに捕まりましょう(ミスったとき用に事前セーブも忘れずに)。
そのハシゴを上ったら、ようやく壁画に到着です。

観察眼Lv3と古代文明の知識Lv3で解読した文章は「雪原に落ちた黒き橋」。
ルクスリア王国下層のど真ん中、ランドマーク「中央エーテル岩石」のところにクエストマークが付きました。
発掘は氷属性の力Lv2と忍耐力Lv4で、宝箱は開錠Lv5、中身は謎のパーツCです。


自力で探さないといけないラスト4つ目のパーツの壁画は…まだ見つけていません;;笑
でもパーツは手に入りました!

第八話で行く地の、エリア「市街」。
ランドマーク「巨大防壁 第8トンネル」より北に真っ直ぐ、突き当ったら西へ。
道なりに進むと右手に斜面が見え、上って通路の中へ。
手前の扉の先にある配電盤を、雷属性の力Lv9と集中力Lv5でいじり、扉から出てもう一つの扉の先へ。

ここに「秘宝のタイラント」(レベル57)という名のユニークモンスターがおり、倒したら謎のパーツFが手に入りました。
壁画探しのついでに全ユニークモンスターを狩っていたら偶然の入手です;;

壁画はおそらく、今までのパターンだとこの地のどこかにあると思います。
まだ行っていないエリアもあるのでそこかなと。
…でもまあ、パーツが手に入ったら壁画なんてどうでも良いですよね笑


4つとも入手したらトリゴの街に戻りエレボスに報告。
するとエレボス(レベル57)との戦闘が始まります。
倒したら謎のパーツEをゲット。

このクエストはここでクリアでした。
入手したパーツは、アヴァリティア商会の別のクエスト「アヴァリティアの真相」(こちら)にて使用します。





松山勝弘(まつやままさひろ)