第六話でアーケディア法王庁の「ゴートイスウト港エリア」にクエストマークを発見。
ノポン人のククンに話しかけると、用心棒を頼まれます。

DSC_0004

テンペランティア中央平原のランドマーク「物見ヶ丘」に飛んだら、少し先にいる依頼主に話しかける。
先に「アーマン・バルカス」を3体倒してくれと言われました。

どこで戦ってもレベルの高いモンスターが周辺にいるので慎重に事を運ばないといけませんね;;
討伐対象のレベルは34~35くらいなので倒すのは問題ないのですが、耐久力が高いので余計に乱入の危険が高くなります。

狩場として楽そうなのは、南側のランドマーク「スペルビア駐屯地」よりやや北のあたりかと。


3体倒し終えたらそのスペルビア駐屯地へ。
依頼主に話しかけると、今度は商品の現地調達を頼まれました。

DSC_0005

その辺の採集ポイントで適当にアイテムを入手して、達成度100になるまで納品です。
ぼくは1個あたり達成度5のコモン素材ばかりを納品しています。

納品後に再度話しかけ、最後に目玉商品の調達をしないといけません。


まずは近くにいるタバティスという兵士から情報を聞き出す。
ここから南の海岸に打ち上げられているそうです。
ただ海岸には手強い敵がはびこっているとのこと。
実際、50~60代が結構いました;;

見つからないよう注意しながら、クエストマークの下にある赤い袋を回収していく。
触れるだけで回収できるタイプのアイテムです。
敵に見つかって戦闘開始された状態では回収できないのが辛いですね;;
その辺を歩いているレベル40代はほとんど襲ってきませんが、雲海の上などに浮いている60代はばんばん襲ってきます。

また、9つまでは逃げ回りながらどうにか回収できますが、1つだけそれが難しい。
一瞬雲海を泳いだ先にある「三剣の小島」という場所にあり、地面からレベル52が3体湧いてきて、戦闘不可避でした。
レベル60代のあいつらが近くにいないだけマシでしたが;;


計10個回収し終えたら依頼主に渡し、クエストクリアです。

クリア後、ククンはこの場で交易所を始めました。
テンペランティアでのサルベージで入手したアイテムがあればここに持ち込みましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)