月蝕城マルヴァジーアの探索を進め、地下牢でのボスを討伐。
自動帰還して1日経過したら探索再開です。

ダンジョンに入ったら、まずはゆがみの門を使わずに道なりに進む。
北から次のエリア「中央ホール」に入るとイベント。

2017-09-06-154707

真っ直ぐ進んだ先の階段を上るとある扉の先へ行こうかとなります。
以前は閉じていましたが、ヴァルデロッサを倒したときに入手した鍵はこの扉も開けられるようです。


扉を開けて中央ホールの北東側に行ったら、すぐ西の扉を開けるためのスイッチ探し。
南東にはゆがみの門と門番がいるので先にそちらへ向かいましょう。

北東に進むと魔法陣があり、そこから「ゆがんだ空間」にワープできます。
魔法陣で飛ぶ前に、東の電流をシャルフで除いたら宝箱も発見。


魔法陣でワープして「ゆがんだ空間」に着いたら、ここからは魔法陣だらけの迷路でした。
まずは東の魔法陣、飛んだ先で南の魔法陣を使うと、スイッチが1つ見つかります。
これをいじったら、西の魔法陣でスタート地点に帰還。

続いて、北、西、と飛んだ先でスイッチをいじり、南の魔法陣でワープ。
ここの足場の余計な扉は2つのスイッチをいじったことですべてなくなっています。

北東側の宝箱も回収しておき、北の魔法陣からさらにワープ。


目の前の扉が閉まっているので東から迂回して進む。
ファルファラで飛べる高台がありますが、ショートカットできるだけでした。

いない場合は道なりに進んで、最初の強制戦闘を終えたら北へ。
スイッチをいじって扉に干渉します。
この後、西に進むとフロワの要る障害物と、その先に宝箱です。

来た道を戻り開いた扉の先へ進む。
ところどころ地面が途切れているのでジャンプしながら北まで行き、そこの魔法陣に乗って「中央ホール」のマップ中央あたりにワープ。
扉の向こう側に着いています。

すぐ東のスイッチを作動させて、閉じている扉も念のため開けておきましょう。


北から次のエリア「月の塔1F」へ。
すぐに出て来る番人を倒してゆがみの門を解禁です。
これが最後のゆがみの門でした。

道なりに進むと広間になっている部分で強制戦闘。
火力の高い危険な邪妖「レオパルド」が2体もいました;;
しかも狂蒼血種;;
リリィバーストで真っ先に排除です。


引き続き階段を上り、次のエリア「月の塔無限階段」へ。

2017-09-06-164428

光っている部分があったので調べてみると、まず「天」を、天を司りし者から奪えとのこと。
どうやら仕掛けをクリアしない限り、階段を上っても「月の塔無限階段」に戻ってくる(ループする)ようです。

3つの部屋にそれぞれ敵が1体ずついるのですが、そのうちの正しい敵を倒さないといけません。
先に他の敵を倒すと失敗になるので、味方への指示は「分散」「自由」は避けましょう。
まあ…ほとんど変わりませんが;;

天を司りし者は、飛んでいる邪妖のことの模様。
倒すと歯車(天)を入手しました。

先ほどの光を調べ直すと歯車がはまり、もう一度調べると次の階へ行けとの指示が。


次の階で同じ場所にあった光を調べると、必要なのは「地」だとわかります。
3つの部屋のうち1つに唯一浮いていない邪妖がおり、そいつを倒せば歯車(地)を入手です。

ラストは「光」。
ここはあの凶悪な「レオパルド」が正解でした。

歯車をはめたら、次の階が「月の塔最上階」になります。
ここの広間に出たら狂蒼血種たちとの強制戦闘。


すべて倒し、北の扉から「女王の間」に入るとラスボス戦です。

扉を調べてもいつもの二択が出てくれました。
一度引き返して万全の準備を整えるのが良いでしょう。

ちなみに、帰還した場合は歯車のギミックをやり直す必要はありません。
もちろん既にこなした強制戦闘は起きないため、雑魚戦をせずにボス戦の元までたどり着くことも可能です。





松山勝弘(まつやままさひろ)