第5章でメインクエストを進めていくと、鏡のかけら集めが始まりました。
廃都ユーラルムにある2つのかけらは別記事(こちら)にて取り上げたので、ここでは残りの3つを。

2017-09-04-185904

それぞれ「聖者の森」「エスフェリア皇立学園」「秘匿された鉱山跡」に1つずつ。

廃都ユーラルムのときと違い強制戦闘はなかったため、時間切れを起こすことはないでしょう。
気を付けなくてはいけないのは、それぞれ探索日数を1日消費する(月齢が1つ進む)点だけです。


まずは「聖者の森」にある「悲しみのかけら」。
これは、エリア「川沿い」の東側にありました。
ゆがみの門で「奥地」に飛んで南から次のエリアに行けば「川沿い」ですね。

ゆがみの門をまだ解禁していない場合は、まず最初のエリア「山村」の南西から次のエリア「林道入口」に。
林道入口には西に次のエリアへの道が2つありますがそのうち南が「奥地」です。

川沿いに入ったら滑車で滑り降りて東側へ移動、光っている部分を調べて悲しみのかけらを入手。


続いて「エスフェリア皇立学園」。
最奥のエリア「礼拝堂」に入ったら目の前に光が見えます。
ここで「希望のかけら」を入手できました。


ラスト、「秘匿された鉱山跡」の「怒りのかけら」は、ミュベールと戦ったエリア「ベアトリア研究所」にて発見。
エリアマップの北東あたりです。

2017-09-04-194402

ぼくはこれで5つすべてのかけらが揃いました。
再度、廃都ユーラルムへ向かいます。





松山勝弘(まつやままさひろ)