第1章でリリアーナの捜索のため廃都ユーラルムへ。
イベントで自動帰還するまで進めた後、拠点にて「メンテナンスルーム」が解禁されました。
この前カミラが言っていた、拠点で使える残り一つの重要な施設ですね。

2017-08-31-174358

ここでは妖魔を倒して入手したBloodを奉納し、アルーシェのレベルを上げることができます。

経験値取得でのレベルアップであるリリィと違い、アルーシェはこの方法でしかレベルを上げられません。
血の奉納を忘れているとずっとレベルが低いままなので、レベルアップに必要な血が溜まり次第すぐに訪れるようにしましょう。
ひとまず、レベル2にするのに必要な血の量は750。


ちなみに所持しているすべての血は一度にまとめて奉納されます。
面倒がなくて良いですね。

ぼくは計1210の奉納でしたが、Next Lvのところに290と表示されていました。
どうやらレベル2から3に上げるのも計750の血だけで良かったようです。


メンテナンスルームでは、血の奉納によるレベルアップのほか、APを割り振ってアルーシェのアビリティ習得が可能。
APは、レベルアップやクエストクリアで手に入ります。

時間をかければいずれすべてのアビリティを習得できるはずですが、特に序盤はポイントを割り振る場所は慎重に決めたいところ。

2017-08-31-181729

AP習得画面を見てみると、スキルツリー状になっていました。
手前(上側)のスキルを習得しないと、続く(下側)スキルを習得できません。

左側は、各種武器を装備したときのATKを上げるアビリティばかりでした。

中央は、攻撃を当てたときに確率で敵を状態異常にするスキルが豊富。
最大HPアップもできるので、ガードや回避が苦手な人には特に向いているアビリティです。

一番右側は獲得金アップや探索時間の増加など。
やり込み派は先にこちらを習得していくのが良いでしょう。
ついでに装備枠アップや従魔復活時間短縮、ドロップ率アップもあるため戦闘にも使えますし。

ぼくはとりあえず、「ボーナスゲインLV1」「探索時間像かLV1」の2つを習得しておきました。


従魔の成長もメンテナンスルームで可能です。
従魔ポイントを各パラメータに割り振るという形。

各パラメータにレベルがあり、最初はどのパラメータも従魔ポイント1のみでレベルアップ可能。
パラメータのレベルの合計が、従魔自身の「トータルレベル」です。

2017-08-31-183754

レベルの上がったパラメータは、次に割り振るポイントが4、その次は10と、徐々に必要な従魔ポイントは増えていきます。

各パラメータにはレベル上限があります。
植えの写真の左側、「HP」「MP」の文字のすぐ右がそのパラメータのレベルですね。
上限があるので1つのパラメータのみを集中して成長させ続けることは不可能です。
もちろん、トータルレベルを限界まで上げるつもりがないなら、1~2個のパラメータだけに優先的にポイントを振るというのもありですが。


従魔を限界まで成長させると「転生」が使用できるようになるとのこと。
転生をすればレベルは成長前まで戻りますが、成長できる上限が上がるようです。
説明がなかったので、それまでに割り振った従魔ポイントは消滅しそうな雰囲気ですが…。

敵やステージに合わせて従魔の変更をしたくない、お気に入りの従魔ばかりを育てたいという場合は転生が便利ですね。
何にせよ転生するには限界まで成長させないといけないので、今は無縁の話 笑


肝心の従魔ポイントはクエストの報酬で手に入るそう。
他の取得方法は書かれていなかったので、ポイントの割り振りはすごく慎重になります;;
転生のシステムがある以上は、いずれは時間をかければ無限に取得できるようになる気がしますが…。

とりあえず今持っている30ポイントはすべてネーロに振りました。
ネーロのトータルレベルはこれで13。

…進化まではまだまだ遠いですね;;笑





松山勝弘(まつやままさひろ)