東京ジッグラトレイヤー8Fに到着。
ここがようやくラストでした!
9Fはオベリスクのような場所なのでダンジョン攻略はありません。

西へ真っ直ぐ進むと双方向のワープ装置がありますが、その先は扉を開けられず行き止まり。
まずは東へと進みます。

The Lost Child_20170830112128

すぐにヒントが見つかり、「5つの加護」というものを取らないといけないことがわかりました。


次の部屋ではまだ加護は関係ありません。

スイッチを押すと道を塞ぐ障害物が出たり消えたりしますが、とりあえずスイッチを見つけ次第すべて押して行けばどうにかなるかと。
ちなみに、同じスイッチを後で押し直さないといけないこともあります。

北の扉から部屋を抜ける手前で、東から南へ進んだところにある金の宝箱の中身「次元の鍵」を回収できます。


北の扉を抜けると台座があり、調べると触れるかどうかの選択肢。
触れると爆発の罠が作動し、そのまま雑魚戦開始です。

雑魚と言っても後列にいる1体の最大HPはランダムエンカウントのそれよりも高かったですが;;
戦闘が終了したら「火の加護」は終了です。

今後もこの調子で台座を調べて戦闘をこなしていく必要があります。
そしてどの戦闘も後列の1体は通常のよりも強くなっていました。


新たに周囲に出現したワープ装置を使って別の台座の元へ向かう。
…のですが、ここで注意!

どうやら正しい順番で加護を手に入れないと、最初からやり直させられるようなんです;;
ぼくは火の後に水へ行くとアウトでした;;

正解は、火、木、風、雷、水の順番。
要は属性相性の流れですね。

間違うと火の加護の戦闘からやり直させられたばかりか、アストラルを1体タブレットに戻され浄化し直す羽目に…泣
なので必ず正解順に加護を入手しましょう。


火の加護を終えたら次は「木の加護」。
使うべきワープ装置は北西のやつです。

飛んだ先では、片道切符のワープ装置の迷路を攻略する必要がありました。
1つ目は1択なので問題なし。
2つ目は北、次は南、最後は東のワープ装置でした。

後は道なりに進んで台座を調べ戦闘開始。
火の加護のときと違い、戦闘前の罠発動はありません。
倒したら木の加護は終了です。
自動で火の加護の近くまで戻っていました。


続いて「風の加護」、南東のワープ装置。
ここはレバーを切り替えるたびに扉が開いたり閉じたりです。

レバーは見つけ次第切り替えておけば問題なく台座まで進めるかと。
一番最後のレバーだけはマップ埋め以外では使いませんでしたが;;
最後はレバーではなくスイッチを押すと、台座へ行ける扉が開きました。

台座での戦闘を終えたら風の加護も無事終了。


今度は南西のワープ装置から「雷の加護」を取りに行きます。
ダメージ壁だらけの迷路でした。
ダメージ壁は、ダメージを被るだけではなく1マス強制移動させられるという点にご注意ください。

西に抜けたら、南、東とすすみ扉のかんぬきを外しておく。
それと、ここにあるスイッチを押して特定のダメージ壁を解除します。

後は台座の元へ向かうのみ。
戦闘をこなして、雷の加護も終了しました。


最後の「水の加護」は北東のワープ装置。
一方通行扉だらけの東側探索してスイッチをすべて押さないといけません。

スイッチを押すと大穴に地面が現れ、道ができます。
ただし、スイッチは同時に特定の一方通行扉の向きを逆にするため、スイッチを押す順番も肝心でした。

スイッチを押す正しい順番は、北東、南東、南西、北西です。

後は作った道を通って台座へ行き、戦闘をこなす。
これですべての加護を入手できました!


スタート地点まで歩いて戻ったら、そこから西へ真っ直ぐ進みワープ装置を使用。
閉まっていた扉が加護を入手したことによって開いています。

扉の先のワープ装置を使えばマップの北側に到着、そこに9Fへの階段です。

The Lost Child_20170830130700

前述した通り、9Fはオベリスクのような構造で仕掛の攻略などは一切なし。
少し進めばすぐにボス戦なので、一度帰還して準備を整えましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)