富士山レイヤーの4Fは、入ってすぐ目の前に封印された扉があります。

東西に進むとそれぞれ行き止まりで、どちらにも石のはめ込まれた台座がありました。
両方の台座の石に触れると扉の封印解除。
先へ進めます。


扉を抜けるとすぐ、今度は「光は鏡の魔力で分かたれた」というヒントのようなものを発見。

The Lost Child_20170827224204

とりあえず仕掛けはないかと周辺を探してみると、このヒントから西へ進んだ先で石のはめ込まれた台座、東へ進んだ先でスイッチがありました(スイッチは西の台座をいじった後に出現します)。
南へ進むと封印された扉です。

あったのはこれだけだったので、台座、スイッチと順にいじってみるとすんなりと扉が開いてしまい;;笑


あのヒントは何だったのだろうか…光は鏡の魔力で分かたれた…ヒントだとすれば光に関係すること…鏡…。
単に台座の石を輝かせれば左右対称の位置にスイッチが出るというだけのことなのか…?

などと考えていると、マップ構造が左右対称になっているのではないかということに気付きました。
ヒントの位置から西側は東側と比較すると歩けていない部分があるので、試しに壁に突っ込んでみると、ドンピシャ!
3Fにもあった、すり抜ける壁です!

おそらくヒントはこの壁の存在のことかと。


さて、開けた扉から南へ進むと、ここにも案の定封印された扉がありました。
東西に計3つの扉があり、そのうち今すぐ通れるのは1つだけ。

ここからは一方通行扉の迷路です。
とりあえず最初の扉を抜けたところに台座があるので石に触れておく。
その後、東側を一通り探索してみましたが、どこもかしこも行き止まりで、宝箱が一つあるのみ。


続いて、西側も同じマップ構造であると見越してすり抜ける壁を探すと、しっかりあります。
ヒントは壁のことで間違いなさそうですね。

そのまま西を探索していると、穴の手前でイベント発生。
バルシアが穴の向こう側にある台座の石をいじってくれました。
ただ、西側は封印された扉のため行き止まり。

なのでこの台座の左右対称の位置に出現したであろうスイッチを探して東側へ戻ります。


一方通行扉をいくつか抜けてたどり着いてみるとスイッチ発見。
これを押すと、西側の封印された扉が開きました。

行ったり来たりですが再び西側へ。
今開けた扉の先はほぼ一本道です。

進んだ先でスイッチを押したら、中央の封印された扉が開きます。
バルシアがいじった台座のところへ行けば「バルシアの涙」ももちろん入手可能。


開けた扉の先へ進む。
そろそろ終わりかと思いきや、まだ封印された扉がありました;;
とりあえず、すり抜ける壁がないであろう東側から探索です。

思っていたよりは広くて複雑で大変でしたが、台座はこちら側で発見。
石に触れて輝かせておきます。

南で西側と繋がっていたので、そのまま西側に入りました。
が、一方通行扉の都合で半分程度しかマップは埋められず、スイッチの元へもたどり着けず。


仕方なく西側から封印された扉付近まで出てくると、ここでイベント発生。
大きな地鳴りがあります。

この後、すり抜ける壁を探すつもりで西側の通路の壁を調べてみると、地鳴りの影響で壁にヒビが入っているところが。
壁を崩せばその先の探索ができました。

ここから進めばスイッチの元まですぐです。


スイッチを押したら封印された扉から南へ。
ようやく階段でした;;

The Lost Child_20170828000148

5Fはオベリスクです。
ボス戦の準備を整えておきましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)