皆神山レイヤーの探索途中で「皆神山の火」の取材が終わったため一度帰還して自分の机を調べる。
と、ここで一つ、取材メモ「奇妙な電話」が追加されていることに気付きました。

The Lost Child_20170826070750

場所は秋葉原。
さっそく情報収集してみましたが、特に誰も関連する話をせず。

仕方なく秋葉原レイヤーに入り奥へと進んで行きましたが、適当に見渡した限りでは何も見つからず。
ということで、最短で取材開始させた時点では完了できないものだと判断。
皆神山レイヤーの探索を先に終わらせました。


Chapter.3に突入した頃に再び秋葉原を訪れてみると、話を聞ける人が増えていたので情報収集再開。
全員と話すとイベントが起き、次は「澄伝寺」へ。
澄伝寺でのイベントでは、人形を連れて「秋葉原レイヤー」に入ることになります。

ダンジョン内に入ると人形からの電話で、先へ進めと指示される。
突き当りを東へ曲がると次の電話で「この先真っ直ぐ」と。

The Lost Child_20170826122201

ここで「鬼火の核」を使うと脆そうな壁を壊せました。

皆神山レイヤーの探索途中で「皆神山の火」に関するイベントが起きましたが、あのときに入手したアイテムですね。
貴重品なのでなくならず、以降は別のダンジョンの脆そうな壁も壊せるようになっています。

…と言っても、現時点では皆神山レイヤーの1Fくらいにしかそんな壁はありませんが;;笑
(皆神山レイヤーの1F北西。行き止まりに宝箱が1つあるのみ。)


そのまま真っ直ぐ進むと赤い敵マークを発見。
乗るとイベント&戦闘開始です。
雑魚5体ですが、レベルは14などと高めでした。

倒したら澄伝寺に戻り人形を返し、取材終了。
自分の机を調べに編集部へ戻りましょう。


この取材で、アストラルバーストの追加と、澄伝寺でできることが増えました。

澄伝寺で増えたのは「御霊回帰」。
タブレットのアストラルを消す代わりにレベルなどに応じてカルマを入手できるというものです。

その辺に頻繁に出る雑魚なら何度も消したり捕縛・使役したりすればカルマを大量入手できるのではないか、とも考えましたが…。

The Lost Child_20170826123222

残念ながら、レベル1のゴブリンでさえ御霊回帰に1000Yenの費用を要します;;
お金が十分に余っていてカルマが全然足りていないようなときにのみ使いましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)