皆神山レイヤーの4F、オベリスクのところで邪神クトゥグァとのボス戦です。

The Lost Child_20170826113003

前列にはレベル11の「イフリート」が3体いたため、先にこちらを倒さないといけませんね。
イフリートもクトゥグァも弱点は水属性。


クトゥグァの行動回数は2で、HPは2400前後ほどでした。

・通常攻撃
・蜃気楼(そのターン含めおそらく3ターンの間、確率で攻撃が「幻」に当たり本体へのダメージが0になる)
・業炎爆(単体攻撃)
・アタッチウェポン(攻撃力アップ)
・ン・ガイ・ンガア 力をためている(次に大技を発動する前触れ、これ自体に効果はなし)
・炎の触手(力をためた後に発動、都度ランダム対象に計5回攻撃)

確認できたのは以上。


「蜃気楼」で幻を作られることに関して。
複数回攻撃系のスキルを使用すれば、少しでもダメージを与えられる確率が上がります。
何にせよ運任せで攻撃し続けるしかありませんが。

力をためた後の大技ですが、そのターンの1行動目が力ためなら同ターン中に大技が発動します。
なので大技を見越して防御するというのは難しいでしょう。
一応、終盤に2回使われただけなので、最後は高火力で一気にトドメを刺すようにすればそれほど問題ではないかと。


開始早々にルアの天使の歌スキル「こそこそネズミ」で全体の回避率を上げていたおかげか、楽に勝ててしまいました。
敵は状態異常スキルも持っていないようですし、正直なところ道中に戦った堕天使マステマの方が手強そうです。

回復の術さえ安定していれば問題なく勝てるでしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)