「彷徨う電球」の調査のため秋葉原に入ったらまずは情報収集。

The Lost Child_20170824170635

メイドさんに話しかけると「澄伝寺」に、がり勉学生に話しかけると「魔女の家」に行けるようになりました。
後でワールドマップから編集部側へ戻ったとき、温泉と同じように利用できる施設としての追加です。

書店「魔女の家」は、回復アイテムや脱出アイテムなどを売ってくれるお店。
…書店なのに?笑


「澄伝寺」は、アストラルをより強くするために使う施設のようですね。

「御霊天秤」ではアストラルのスキルを別のアストラルに移譲することができます。
その代わり、移した側のアストラルからはスキルがなくなり、移してもらった側のアストラルも何かスキルを代償として支払う(消滅させる)必要がありました。
なのでパラメータが低いけど良いスキルを覚えているアストラルのスキルを、パラメータは高いけどスキルがしょぼいアストラルに移譲させていくのが基本となりそうです。
ただ、代償として払うスキルは1つでは足りないこともある点にはご注意ください。
ちなみに一度目のチュートリアルでの移譲は無効なので、ディープワンズのスキルもショゴスのスキルもなくなっていません。

「御霊SIN化」ではレベルが最大になったアストラルをSIN化させることができます。
…SIN化は「進化」と同義ですね;;
SIN化には莫大な費用がかかるほか、特定のアイテムも必要。
なので頻繁に使えそうにないですね。
とりあえずはレベルを最大にまで上げないとですし。

とまあ、これらの施設は物語の進行上は行く必要はありませんでしたが、今後ちょこちょこと使うことになりそうでした。


秋葉原でふらつく男性に話しかけると「深き者ども」を取材メモに書き込みます。
「紫の女」や「彷徨う電球」のような取材対象の一つでした。

すべて聞き終わるとイベント発生。
「レイヤーって何?」を選択すると邪(赤色)のカルマが+200されたので、アストラルが悪魔だらけの現状ではありがたいです。


イベントでそのまま「秋葉原レイヤー」(ダンジョン)に入りました。
出入口付近なのですぐに脱出することも可能ですが、今脱出しても先ほど追加された2施設の確認に行くくらいしかやることはありません。

セーブポイントも目の前に見えていますし、そのまま奥へと進みましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)