覚醒させたケトスに乗って勇者の星に近付いたら、邪神ニズゼルファとの最終決戦を始められます!
試しに最短(パーティーレベル55~57あたり)で挑んだときは運が良くても勝てる気がしなかったので、他の用事を軒並み済ませてきました笑

今回勝利したパーティーのレベルは72~76です。

DSC_0012

敵は本体のほかにも「ひだりうで」「みぎうで」があるタイプ。
これだけでもすごく面倒な相手であることがわかりますね;;

とりあえずは全員1回行動で助かりましたが;;
(両腕がなくなった後の本体は2回行動でしたが。)


邪神ニズゼルファ(HP11000前後)
・かがやく息(全体49~134)
・しゃくねつの炎(全体66~114)
・バギムーチョ(全体118~195)
・イオグランデ(全体161~268)
・やみの炎(全体85~125)
・ひとみがあやしく光った(単体にねむり)
・時をうばった(戦線の4人中3人が4~5ターンほどアストロンと同じ状態に&入れ替えメンバー不在状態に)
・いてつくはどう
・ボミオス
・めいそう(HP999回復)
・こわれたうでにチカラをこめた(両腕復活、両腕の最大HPはそれぞれ2分の1)
・不敵に笑っている(何もしない)

ひだりうで(HP3400~3800前後)
・通常攻撃(166~309)
・天にむかってまりょくをうちはなった(邪神の子を4体召喚)
・流星のごときこうげき(全体162~193、追加効果で1ターン休み)
・ニズゼフレア(全体144~175)
・魔連弾(全体165~195)

みぎうで(HP3600~4200前後)
・通常攻撃(185~273)
・はげしくなぎ払った(全体150~233)
・けがれたきり(全体にもうどく・マヒ・こんらん・マヌーサなど悪い状態を付与)

これらの他、ターン終了時に「終末の炎」を溜め始めることがあります。
次のターンは溜めのみで敵は誰も行動せず、その次のターンに発射。
防御したキャラは193~286のダメージ、試しにノーガード戦法を取ったキャラは613のダメージで即死でした;;

邪神の子は、全員で邪神ニズゼルファにいのりをささげだします。
効果のほどは不明ですが恐いですし、HP600前後なので出てきたら全体攻撃ですぐに倒しましょう。
出て来るたびにすぐ倒しておけば、ひだりうでの行動を制限できますし(頻繁に邪神の子を召還してくるので)。


さて、この戦いでは真っ先に「勇者のつるぎ・真」を道具として使う必要があります。
理由は、敵が「闇の衣」をまとっているためです。

闇の衣を解くと5倍の与ダメージが出たので、解かないと本来の5分の1のダメージしか与えられないということ。
ぼくはしばらく気付かなかったせいで10ターンほど無駄にしました;;笑

いえ、闇の衣をまとっていることはわかっていて、何かしないといけないんだろうなとは気付いていたんです。
でも道具で装備中の「勇者のつるぎ・改」を使おうとしても味方の悪い効果を消せるだけで…ん?改?
そう、「勇者のつるぎ・改」ではなく「勇者のつるぎ・真」が必要なのでした笑

これに気付くまでに10ターンくらいかかったわけです;;
もしかすると先ほどの邪神の子の祈りは闇の衣を再度まとうためのものだったりして…。


勇者のつるぎ・改はふしぎな鍛冶で作ったものですが、勇者のつるぎ・真は物語の進行途中で誰もが入手できる武器ですね。
なのでこの戦闘時に持っていないということはあり得ません。

もし「そうびぶくろ」にしまっている場合は、戦闘中に装備を変更すればok。
ふくろから手持ちに加わります。

もし元々装備していた方が武器性能が上なら、もう一度着替えれば大丈夫です。
その場合、ゆうしゃのつるぎ・真の装備は外れますが手持ちからは消えないため、道具として使用することはできます。


闇の衣を払ったら、攻撃力も若干低下しているようでした。
また、使用技も前後で変化する模様。
使用技に関しては種類が増えると言った方が正しいですが。

敵の使用技を把握した後だと「みぎうで」から壊したくなるところですが、本体が残っていると両腕を復活されます。
なので戦闘中はずっと状態異常と戦うことになるとお考えください。


最も厄介なのは、時をうばわれている間(戦えるのが8人中1人になっている間)に戦況を回復されることです。
具体的には、両腕復活や「めいそう」での回復、いてつくはどうなど。
もしものことを考えるとしばらく防御や回復で耐えるしかないですし、本当に厄介でした。

さすがにこの戦闘中一度しかされませんでしたが;;

もはや1人ではどうにもできないので、あきらめて防御に徹するしかありません。
ただ、うばわれた時が元に戻った途端に状態異常だらけのメンバーだと困ります。
厄介な状態異常は特にこまめに回復するか、予め対策装備をしておきましょう。


この一戦はとにかく状態異常との戦いでした。
ここさえ何とかできれば勝てます。

倒したら、ちょっとした操作を終えた後に真エンディングです。





松山勝弘(まつやままさひろ)