天空魔城にて、魔王ウルノーガとのラスボス戦を始めました。

6色のオーブの力を使う厄介な敵でしたが何とかこれを退ける。
…と、やはりと言うべきか、連戦でした;;

DSC_0001

今度の敵は2体!

片方は後方におり、攻撃対象に選択できませんでした。
試しに全体攻撃技を使ってみてもやはり攻撃は届きません。
なので無意味なMP消費をしないようご注意ください。

でも後方にいる敵の攻撃はこちらに当たるんですよね…;;


数ターン後に、前衛後衛が切り替わりました。。
が、さらに数ターン経つと、両方が前に躍り出てきます。
そのときの文章を見る限りだと、ターン数ではなく与ダメージ量に応じて切り替わるのかもしれません。

何にせよ両方が前に出てきたなら、片方から攻めるも良し、全体攻撃で攻めるも良し。
…ですが、どちらもHPはものすごく高いうえ2体ともが残っている状態だと厳しい状況が続くため、確実に1体ずつ倒す方が良いでしょう。

ちなみに、邪竜ウルナーガのHPは5700前後、魔王ウルノーガの方は5500ほどでした。
魔王ウルノーガの方が若干早く倒せるでしょうが、所持技的には邪竜ウルナーガの方が若干面倒な気もします。


敵の行動パターンはそれぞれ、確認できた限り以下の通り。

邪竜ウルナーガ
・通常攻撃(297~299)
・しゃくねつの炎(全体81~107)
・メラゾーマ(110~123)
・大きくクチをひらきくらいつく(単体が食べられてそのターン+2ターン行動不可&次のターンに吐き出されたとき猛毒になる)
・ぶきみな閃光(全体の呪文耐性を下げる)
・あまいいき(全体を眠らせる)
・いてつくはどう(全体にかかっているすべての特殊効果を消す)
・不敵にわらっている(何もしない)

魔王ウルノーガ
・通常攻撃(231)
・マヒャド(全体80~114)
・イオナズン(全体117~148)
・ドルモーア(87~113)
・かがやく息(全体98~122)
・じごくからいかずちをよびよせた(全体149~159、追加効果でマヒ)
・目をとじいのりはじめた(敵2体のMPが999回復)
・おぞましいおたけび(全体77~88、追加効果で1ターン休み)
・ふかく集中した(敵2体ともがゾーンに)
・いてつくはどう(全体にかかっているすべての特殊効果を消す)
・不敵にわらっている(何もしない)

これらの他、2人ともがゾーン状態のときのれんけい技「クロスマダンテ」を持っています。
呪文耐性が下がっていないキャラで270弱、下がっているキャラは400前後の被メージが通る凶悪な技でした;;

敵はどちらも基本は1回行動ですが、「あまいいき」「いてつくはどう」など直接ダメージのない技を使うときは2回行動することもありました。
それと、不敵にわらっていることがあるのは前衛後衛と分かれているときのみです。


眠りやマヒなど様々な手段で行動を制御されるのが最も厄介。
邪竜ウルナーガに食われるのは仕方ないとして、その他の状態異常や1ターン休みに対してはできる限り装備で対策しておきたいところですね。

状態異常にされたら、マヒはすぐに解除、眠りは隙があれば解除、猛毒は完全無視が良いかと。


今回も控えキャラと頻繁に入れ替えつつ全勢力をもってして戦いましょう。
全体回復や蘇生持ち(アイテム含む)のキャラは戦線に数名、控えに数名と必ず分けるようにする。

それと、クロスマダンテを使われたとき以外では死亡者は絶対に出さないようにすること。
クロスマダンテは片方のHPが残り少ない終盤に一度のみ使われたので、ここで死亡したキャラは控えに回して一気に片方を叩き潰す。

敵が残り1体になってから確実に蘇生に乗り出すのが安全です。
ただ、一気に叩くと言っても生存者のHP回復は怠らないように;;


倒したら「魔王の剣」(両手剣・装備可能)を入手、そしてイベントとエンディングです。





松山勝弘(まつやままさひろ)