黄金城を突き進み、4階の玉座の間へたどり着けばボス戦です。

DSC_0001

もちろん敵は、黄金病を引き起こした元凶である鉄鬼軍王キラゴルド。

まず、確認できた行動は以下の通りです。
・通常攻撃(100前後)
・ゴールドフィンガー(150前後、ダメージはかわせても追加効果ですべての良い効果を解除)
・くるいざき(都度ランダム対象に計4回攻撃、ダメージは一回あたり60前後)
・バイキルト
・ふかく集中(ゾーン状態になりちからが上がる)
・ゴールドアストロン(単体が数ターン金の塊になり攻撃や回復・補助を受け付けない)
・仲間を呼ぶ(黄金兵長または黄金兵を1体追加)


カミュが加入したのでとりあえず短剣スキル「ヴァイパーファング」を試してみると、すんなりと猛毒にできてしまいました笑
予め「ぶんしん」を使って確率も上げていますがまさか一発で成功するとは…。
カミュには他にも呪文「ジバリーナ」も使わせて、敵が毎ターン受ける継続ダメージを増やしています。

他に便利な状態異常は、ロウがゾーン状態のときに主人公と使える「ユグノアの子守歌」。
仲間を呼んで増えた黄金兵長だけでなく、キラゴルド自体も眠らせられました。
ラリホーやスリープダガーも有効かもしれませんね。
ユグノアの子守歌自体が2回中1回の成功でしたし、これらは有効だったとしてもかなり低確率でしょうが。

黄金兵長は、放っておくとスクルトやルカナンがうっとうしい。
黄金兵にもマヒの追加効果を持つ攻撃技がある。
仲間を呼ばれたら全体攻撃技でさっさと倒しに行きましょう。


キラゴルドの「ゴールドフィンガー」がまた厄介です。
一度、攻撃をかわしてダメージは受けなかったことがあるのですが、かかっているすべての良い効果を解除する追加効果は普通に発動されました;;

味方の強化や継続回復スキルはすぐに解除されるためあまり有効な手とは言えません。
やるなら敵のステータスを下げに行く方が良いでしょう。

それと、ほとんどは2回行動でしたが、たまに3回行動するターンがあります。
バイキルトなどで火力を上げられた後の3行動はきつかった;;

ですがおそらく、バイキルトなどを使用し始めるのは中盤以降。
死亡者が出たら無視して控えと入れ替えて攻め続けていれば、先に倒しきることも可能でしょう(復活はさせませんが減ったHPは回復させます)。
敵のHPは3600前後とそこまで高すぎませんし。


倒したらイベントで、キラゴルドの力が暴走します。
カミュに話しかけるとカミュを止めるかどうかの選択肢が出現。

選択次第でこの先のイベント内容に影響があるのかはわかりませんが、ぼくは止める方を選択しました。
結果は、マヤを助け出したうえで黄金にする力が止まります。

この後に「妹のマヤを救ったことでカミュのスキルパネルが新たに解放された」という文章が出現。
助けなかった場合も黄金は止まるけどパネルの解放はない、の可能性があるということですね。
念のためにカミュを止める選択肢を選んでおきましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)