「壁画世界」最奥部でのボス戦です。

DSC_0006

敵はメルトア1体、HPは1200前後ほどでした。
毎ターン1~2回行動を取ります。

確認できた行動パターンは以下の通り。
・通常攻撃(40~50前後のダメージ)
・巨大なしょくしゅできゅうけつ(単体50前後&与ダメージ分だけHP回復)
・心のカギをときはなつ(単体をみりょう)
・ひとみからこうねつのレーザーがほとばしる(全体60前後)
・チカラにカギをかける(単体にとくぎ封じ)
・デコピン(確定で痛恨の一撃?痛恨時は単体130前後のダメージ)


魅了が案外厄介で、味方を攻撃するようになるのですが、メンバー入れ替えで控えに回すこともできません;;
味方が1人減って敵が1人増えたようなものですね。

単体攻撃の対象には選択できませんが、「イオラ」などの全体攻撃技を使用すると魅了されたキャラにもダメージが通ってしまいます。
しかも、魅了キャラにはメルトアの攻撃からでも被ダメージがあるため、HP管理が大変です。

シルビアのとくぎ「ツッコミ」で魅了を解除できるので、誰かが魅了されるたびにシルビアを戦線に出しましょう。
あ、シルビア自身が魅了されたり特技封じにされないよう、普段はシルビアは控えに回す方が良いです。

回復はロウの「ベホマラー」が安定するでしょう。
控えキャラ含めた全員のHPを回復できるので、HPが減ったキャラを全員控えに回すことも可能です。
ロウ自身は、シルビアと同じく普段は控えの方が良いかと。


状態異常攻めやHPの回復に手を焼かされて攻撃の暇があまりありませんでしたが、この敵も猛毒状態にできました。
今回も使ったのはカミュの短剣スキル「ヴァイパーファング」。
カミュのスキルパネルは短剣中心にしておいて本当に良かったです;;

ついでにカミュのじゅもん「ジバリカ」も使用して毎ターン継続ダメージを与えられるようにしています。
吸血でHP吸収される頻度が少なかったのも救いでした(序盤に一度使われたのみ)。


倒せば「まほうのカギ」を入手できました!
これで赤い扉を開けられます!





松山勝弘(まつやままさひろ)