グロッタ地下遺構、最奥部でのボス戦です。

マルティナは参戦しませんが、ロウはサポートキャラのまま戦闘を手伝ってくれます。
ドルマで50~60ほどのダメージが出るので結構ありがたいです。

その他に「キアラル」「ザオラル」を使ってくれました。
1~2人くらいなら回復が遅れても問題なさそうですね。

DSC_0011

アラクラトロには、ルカニは効きましたがボミエが効きませんでした。
ピオリムでこちらの素早さを上げるしかありませんね。

敵は毎ターン2回行動。
確認できた行動パターンは、通常攻撃(30~50のダメージ)、死グモのトゲ(全体15~35、確率の追加効果で守備力弱ダウン)、メダパニーマ(全体に混乱付与)。
種類はこれだけでした。


死グモのトゲで頻繁に守備力を下げられるだけでなく、全体攻撃なのも地味に痛い。
シルビアが「ハッスルダンス」を覚えているなら回復は楽ですが、そうでない場合は主人公とセーニャのベホイミを頻用することになるでしょう。
セーニャは、回復魔法以外の全ターンはスクルトあたりを使わせるのが良さそうです。

「メダパニーマ」ですが、ロウが「キアラル」で全体の混乱を一瞬で回復してくれます。
タイミング次第では厄介かもしれませんがそれほど気にしなくても良いでしょう。


極力早期に倒したいのですが、相手の最大HPがまた高めなんですよね;;
足し算で数えましたが抜けがなければ1300ほどです。

主人公は「はやぶさぎり」を毎ターン、ベロニカは1ターン目のルカニの後はヒャド連発(もしものとき用にHP回復アイテムとMP回復アイテム所持)。
セーニャはスクルトとベホイミ時々ザオラルで、シルビアはバイシオンを主人公に使った後は通常攻撃かハッスルダンス。
これを終始続けて、どうにか勝てました。

シルビアがハッスルダンスを覚えていないなら回復アイテム持ちのカミュをスタメンにしても良かったですね。

…よくよく考えたら、ベロニカはヒャドよりベギラマの方がダメージ量多いよなあ…と;;笑
道中の雑魚戦で気をつけていればこの戦闘中にMPが尽きることもないでしょうし、ベギラマ連発にすれば良かったです;;


勝利時のパーティーのレベルは、主人公とベロニカが24、セーニャとシルビアが23でした(控えのカミュは24)。
装備は大体ふしぎな鍛冶で作ったものです(お金のかからない装備品の中で現時点での最強装備)。





松山勝弘(まつやままさひろ)