デルカダールの城下町でカミュの忘れ物の件を終えてナプガーナ密林へ。

DSC_0003

途中のたき火でイベントが始まり、「ふしぎな鍛冶台」を入手できました。
これを使えばあらゆる装備が作成可能という代物です。

DSC_0004

使うためには装備の素材と、専用のレシピが必要とのこと。
この場では「ふしぎな鍛冶入門」がもらえ、「せいどうのつるぎ」「せいなるナイフ」が作れるようにました。

レシピブックは本棚や宝箱などあらゆる場所で手に入るそう。
ふしぎな鍛冶でしか作れない装備もあるようなので、調べられる場所や話しかけられる人は片っ端から処理していく必要がありますね。


それと、ふしぎな鍛冶はキャンプ中にしかできないみたいです。
現在地から最寄りのたき火の場所は常に把握しておいた方が良いでしょう。


ひとまず実際の作成画面へ。

DSC_0005

「たたく」「とくぎ」などのコマンドを使用してオレンジ色のゲージが緑色の成功ゾーンに入るようにするのが目標のようです。
いくつかあるゲージ(この写真ではゲージは3つ)すべてが緑色のゾーン内に収まるにしたいところです。

緑色のゾーンの真ん中あたりに線が付いていますが、どうやらこの線ぴったりに止めるのが一番良いみたいですね。
ただ、欲張ると緑色のゾーンを越えてさらに向こうへと行ってしまうこともあるため、線より手前のゾーン内で止めてしまうというのも一手。


コマンドを使うと集中力を消費し、地金の温度が下がる。
地金が冷え切るとそれ以上何もできなくなり、温度が高いうちにたたいた方が効果も大きい。
そのため、集中力や温度との戦いでもあります。

とくぎを使えば温度調節や複数個所を同時にたたくことなども可能のようですが、今は一つも覚えていないため普通に「たたく」ほかありません。
たたけるマスも1マスだけですし、まだあまり考えすぎることもないでしょう。


一応、打っている途中でやめることはできない点には注意です。
後々もっと良い装備を作るときは事前にセーブすることをお忘れなく。

ちなみに鍛冶を行うたびに入手できる「うちなおしの宝珠」は、完成後の装備品を打ち直すのに消費します。
(自分で作った装備だけじゃなく店購入や宝箱入手などの装備でも打ち直しでの強化は可能です。打ち直しできないものもありますが。)

【追記始】

最近、所持数が少ない素材を必要とする鍛冶で失敗したためリセットしたのですが、ペナルティとしてプレイ時間5分間は鍛冶をやり直すことができませんでした。
急ぎで必要な装備の鍛冶なら「うちなおしの宝珠」でのやり直しの方が良さそうですね。

【追記終】


今はレシピも少ないですし、本格的に鍛冶を楽しみたいならまずはレシピブック探しからですね。
すぐそこの建物内にある宝箱からも一つ入手できますが、もっともっと集めたいところです。





松山勝弘(まつやままさひろ)