「おうちをつくって」の依頼に必要な素材を採りに、グリーングラスの「起こりの平原」へとやってきました。

ハコニワカンパニワークス_20170714103709

人の住んでいないこういった浮島では暴れまわって素材採取が可能。
代わりに、狂暴な野生動物が居座っていたり他のカンパニーが占拠していたりするそう。
その場合は戦闘が始まり、倒せばいなくなるようです。

…などと言っているうちに敵が出て来て戦闘開始!?
まあ、パターンですしね;;笑


戦闘はよくあるシミュレーションRPGのそれ(と言うか本作のジャンルもシミュレーションRPGですが)。

左スティックでキャラを移動させ、素手か武器所有時に□ボタンで攻撃。

攻撃すれば敵やブロックにダメージを与えられます。
□ボタンを長押しすればスキルメニューが開き、十字キーの上下左右で対応したスキルの選択。
スキルにせよ通常攻撃にせよ、攻撃はすべて□ボタンですね。

戦闘中にブロックを壊した場合、近付けばそれを回収することもできます。
各キャラごとに持てるアイテムの種類数が違う点にはご注意。
特にジョブによって大きく変わります(「キャリー」がいれば大量回収に便利です)。


キャラの行動を終了させたい場合は○ボタンの長押し。
このとき、攻撃やスキルでそのキャラの行動ポイント・APを使い切っていなければ、自動で防御してくれるそう。
防御中は被ダメージを40%も減らせるので、敵の数が多い戦闘序盤は特に防御が重要ですね。

タッチパッドボタンを押せばステージ全体を確認できるので敵やブロックの位置把握は簡単です。

後は、×ボタンと左スティックでキャラの向き変更、L2R2で上や下を向ける、仲間が複数いる場合はL1R1で操作キャラ変更。
十字キー左右でアイテム選択、OPTIONSボタンで戦闘に関する情報確認をしたり撤退、と戦闘に関してはこんなところですね。


戦闘が始まってみると、コマンドは画面上に出ていますし、行動可能範囲や攻撃範囲も表示されているので特に問題はなさそうです。

ハコニワカンパニワークス_20170714110848

今回の戦闘で注意すべきは、攻撃の前に向きを変えて敵を向かないといけない点。
空振りしてもAPは消費されませんが、もし必要のないブロックにでも攻撃が当たってしまうと無駄にAPを消費してしまいます。

後は、スキルで地面を掘りすぎると戦いづらくなるのと、敵との高低差によっては攻撃が当たらないというのと。
もう一つ、敵もアイテムを回収してしまう点です。

倒せばドロップしますが、その敵を最後に倒してしまうと取り返せない。
確実に回収したいものは取られないように注意しましょう。


ひとまず、今回の敵は特に意識して戦わなくても楽に勝てそうですね。

主人公の現在のAPは5あり、攻撃に使うAPは2。
なので毎ターン2回攻撃ができるうえ、必ずAP1が残るため防御は絶対に発動してくれる。
この点も心強いです。


勝利時のリザルト画面では、戦闘中に回収したブロック数に応じてリクルートメダルが手に入ります。

ハコニワカンパニワークス_20170714112217

ブロックは壊すほど戦いづらくなるけどその分のメリットも大きい。

戦闘中に回収したアイテムは勝手に倉庫に入ってくれます。
今回の依頼に必要だった素材を既に回収できているなら、次のステップへ。
まだなら採取ステージに入り素材採取を行わなければいけません。


採取ステージにも敵や生き物はいて、脱出ポイントからいつでも脱出可能という点以外は通常戦闘と変わらない。
ついでに制限ターンが設けられているためそのターン内に素材採取を終わらせる必要がある。
残りターン数はOPTIONSボタンで確認できるし制限ターンは長めなのでそれほど気にしなくても良さそうですが、ちょっぴり面倒ですね;;

ワールドワイドホエールのクラフトエリアと違いスキルを使えるため破壊活動自体は捗ります。

採取ステージには宝箱があり、中には権利書が入っているそう。
通常の戦闘でも敵が権利書を持っていることはありますが、採取ステージの方が安定して回収できそうですね。
宝箱が地面の中に埋まっていることもある点は厄介ですが;;

ちなみに採取ステージもリザルト画面でリクルートメダルが手に入ります。
これなら意識して集めなくても簡単に増えそうですね。





松山勝弘(まつやままさひろ)