方舟を自由に操作できるようになって以降、監獄世界と雨の世界の探索を終えてきました。
ぼくの場合は、残るは燃える世界のみです。

やることはこの世界のフォース・ギアの破壊と、鍛冶ギルドとの同盟、および隅々まで探索する寄り道。
とりあえずフォース・ギアに関しては別記事(こちら)にて。


先に、燃える世界周辺の小島を回ってきました。
ここにも水魔の巣窟はあります。

鳥形の敵シンボルのある洞窟のような家は宝箱を回収できるのみで戦闘はなし。
女性だらけの場所は、操作キャラを女性にするとセリフが変わり、「手伝う」と言って洞窟内からいなくなるキャラもいました。

DSC_0002

別の場所で、でかい竜は戦っても勝てないため話しを聞くだけに留めておきましょう。
(スタンがよく効いたおかげで10000近くは削れたのに倒せず…;;)


動力スーツの要る溶岩の中央辺りで引きずり込まれ、トカゲが大量にいる場所。
トカゲをすべて倒すと巨大な花が出現します。
トカゲでさえ連戦するとかなり手こずるのですが、この花にはこれまた勝てません。

全体に300前後のダメージを与える技を持っていました;;
ひとまずここも無視ですね。


南西の小島にはジャンクヤードで戦った水魔がいます。

DSC_0005

戦いを挑み倒すと、ケイオシウム結晶を2つ回収できました。
ただし、当時とは比べものにならない実力なのでご注意ください。

取り引きに応じると、高品質な「クラシックソード」「ハンターボウ」「上質なバルヌース」を購入できます。
武器2つは今持っているものより弱かったのですが、「上質なバルヌース」だけは今装備中のものより強かった。
ついでに、売却したアイテムは買い直すことが可能です。
使い道があるかもと売却を迷っていたアイテムなどはここで売ってしまいましょう。
買い直す場合は売却値の倍の値段になります。

注意点は、一度取り引きに応じると外に出て入り直しても戦えないようなので、ケイオシウム結晶を回収できないことですね。
どちらかと言えば倒した方がお得そうです。
強い防具はまだ行っていない世界で出るかもしれませんし、ケイオシウム結晶で交換もできますし。


燃える世界の大陸に乗ったら、まずはギアズロックへ。
入ってすぐのポータルを調べて使えるようにしておきます。

続いて鍛冶ギルド内に入り同盟を組む。
同盟を組むと、どこで宿泊しても破損品が修理されるようになりました!
ファイナルストライクがかなり使いやすくなりますね。


残るはオーニソプターで新たに行けるようになった場所のみ。

北側の溶岩流のあるところではケイオシウム結晶が回収できます。
この付近の最高所に強敵っぽい敵シンボルが見えるのですが、ここへの行き方だけがわかりません;;
他の世界でまた別の乗り物を入手しないといけないのかもしれませんね。

続いてブルーオアシスの西側。
オーニソプターで段階を踏んで移動し、西の高所へ(フォース・ギアを壊しに行くのにもこのルートを使います)。

DSC_0007

その辺にある「化石洞窟」では、とりあえず1000Soを払わないと何も起こりません。
1000Soを払い、順番が来たら化石見学。
ここで「叩き起こす」を選択すると強敵戦が行えますが、それ以外には何もなし。

もちろん戦闘をしなければ1000Soを取られるだけ。
今のところは獲得タレント80ptの戦闘以外は特にメリットはないように思えますが…。
妖魔たちの仕事をなくさせたことが後々何かに活きて来るのかもしれませんね。


化石洞窟の外に出て、引き続きオーニソプターでずっと南の高所へ飛んで行くと、そこには「山岳温泉」があります。
100Soを払うと入場し、HP&SPが全回復するほか、ケイオシウム結晶を2つ回収できます。

それ以外にも2つ。
1つ目は、入場時に現在の操作キャラをメインとしたイベントが発生するということです。
各キャラ1つずつの全部で9種類あり、一度ワールドマップに出てから入り直すと他のイベントも見られました。

都度100Soが必要なので全員のイベントを見るのに計900Soかかるのと、操作キャラの変更も都度しないといけないことが大変ですが;;
ちなみに、一度イベントを見たキャラを操作キャラにしたまま再度入ってもイベントはもう発生しません。

2つ目はカエルの救出です。
まず、入場後に中にいるカエルに話しかけ、カエルたちが妖魔に利用されているという事実を知る。
その後に温泉から出ようとすると、「カエルたちを助ける」という選択肢が出ます。
これを選ぶと妖魔たち雑魚との戦闘があり、カエル救出完了。
この救出が後にどう活きて来るのかはまだわかりません。

二度と温泉には入れないようになるため、イベントも見たい方は救出は後回しにしましょう。


燃える世界で今できるのはこのくらいです。





松山勝弘(まつやままさひろ)