バダを倒した後にイベントムービーがあり、自動で方舟に戻ります。

DSC_0018

イベント後に螺旋を下りたところにある休憩室で休むと、方舟を自由に操作できるようになりました!
(一度パーティーがガリル1人のみになるせいで陣形が崩れます。先にセットし直しましょう。)

とりあえず名前決めです。
デフォルト名「ブリューナク」…確かに世界の壁を貫きましたが…笑


次の目標は、残り4つのフォース・ギアの破壊と5つある各ギルドの本部に赴き同盟を結んで回ること。

DSC_0017

フォース・ギアは各世界に1つずつなので、雨の世界と燃える世界、まだ見ぬ2つの世界にそれぞれ行くことになります。
ギルド本部は、諜報、図書、戦術が雨の世界、鍛冶が燃える世界、印術が監獄世界だそうです。


各地を回るためには当然、方舟を乗り回す必要あり。
方舟は、海岸から乗り降りすることが可能になりました。
動力スーツの乗り降りと操作方法は同じです。

自由に操作することもできますし、自動操縦で目的地まで一気に移動してもらうことも可能。
方舟に乗って海の上に寄り道できる場所があれば自身で操縦、後は自動操縦が良さそうですね。

ただ、自動操縦で行き来できるのは今のところはこれまで入ったことのある3世界のみです。
自力操縦なら行ったことのない世界にも行けますが、まずはこれまでの3世界を終わらせるのが良いでしょう。

海の上には当然のごとく水魔がおり、方舟操作中でもエンカウントするためご注意ください(黒き流れの中にも敵シンボルあり)。


ワールドマップでは全世界の地図を見られるようになりました。

監獄世界のすぐ左隣(引っ付いている)が雨の世界で、黒き流れを越えてずっと西が燃える世界。
北側の2つの世界が行ったことのない世界です。

下画面の方舟マークをタッチすると方舟内部に切り替わります。
これは、無料休憩を取るためのものですね。
コックピットの操縦舵を調べたら外の画面に戻りました。


さて、ここからの攻略順はある程度自由ですね。
ぼくはとりあえず、監獄世界、雨の世界、燃える世界の順に渡るつもりです。





松山勝弘(まつやままさひろ)