ホラムシャハル郊外の南東の方まで来ると、「恐ろしい気配」のする扉があります。
ここで変異種「シエスタ」との戦闘開始。

2017-04-27-002525

取り巻き「ペギーサージェント」「シーチングメリー」の2体が前衛、シエスタは後衛です。

シエスタ
・通常攻撃(遠距離、殴、追加効果・睡眠)
・トルネード(風、全体、魔法)
・YES/NO判定(一定確率で睡眠)
・YES/YES判定(無、状態異常・睡眠のキャラ全体即死)
・ハートクラプション(無、HP吸収)
・まくら投げ(中距離、殴、追加効果・行動順下げ)
・心眼(一定確率で受け流して反撃)
・毎ターンHP回復

ペギーサージェント
・通常攻撃(中距離、突)
・突撃(近距離、突、貫通)
・鉄壁の構え(自身の物理防御・魔法防御アップおよび耐性上昇)

シーチングメリー
・通常攻撃(遠距離、突)


ペギーサージェントの最大HPは582、突+25、水+50、殴-25、雷-30。
シーチングメリーの最大HPは549、突+40、殴+5、水+30、風+20、斬-30、火-30。

とりあえず取り巻きは火力も大したことありませんし、単なる雑魚です。
さっさと倒してしまいましょう。

…と言いたいところですが、シエスタは睡眠中の全キャラを即死にする術を持っている点。
当然、睡眠状態になったらすぐに回復する必要がありますが、間に合わない場合も出てくるでしょう。
そこで、雑魚敵をあえて残しておくことで被ダメージの確率を増やす=睡眠解除の確率を増やすという戦術が考え付きます。

もちろん状態異常回復の術と蘇生の手段も用意しておくこと。
状態異常回復アイテムなら7~9個、蘇生アイテムは3つほどは持っておきたいです。
ちなみに「心眼」で反撃されたときも確率で眠る点にはご注意。

2017-04-27-002948

さて、シエスタのサーチアイ結果はこんな感じです。
水と殴、最悪でも雷くらいしか、そこそこ削れる属性はありません。

さらに毎ターンHP回復されるのが辛すぎる!
敵の耐久力を下げるかこちらの火力を上げたり手数を増やすかしないと長期戦必至。
つまり睡眠からの即死の危険性も増えて行くばかりです…。

アイテム数さえ確保すればどうにか勝てるでしょうが、「中級クラス」ではかなりの苦戦を強いられます。


………はい。
上級クラスなら楽勝です笑

いえ、楽勝というほど楽ではありませんが、上級クラスのスキルをいくらか習得した場合、歯応えが全然違います。
ぼくの場合はLV29が5人で敗北して、Lv30の5人(全員上級クラスにクラスチェンジ)ですぐに勝てました。
アイテムも状態異常回復のものをいくつかと、全体回復のザッハトルテを一つしか使っていません。


パーティーは、ヤエ(サムライ)、ツララ(くノ一)、エルトリシア(マジカルプリンセス)が前衛。
イリーナ(ウィッチ)、ユーニ(ディーヴァ)が後衛です。

ヤエはサムライスキル「鎧徹し」で敵の物理防御力を下げる。
ツララは初級クラスのスカウトスキル「ウィークスタップ」で詠唱中断を狙いつつ、くノ一スキル「飯綱落とし」で殴属性攻撃。
エルトリシアはマジカルプリンセススキル「マジカルスパーク」で攻撃したり「マジカルバリア」で全員の魔法被ダメージ減少。
(武器はヴィトーリアからもらった「聖剣フレイヤ改」です。)
イリーナは1体に土属性特大ダメージの魔法「ガイアクラッシュ」(Lv2)が一回あたり700前後削る。
ユーニはディーヴァの詩スキル「疾風迅雷マーチ」で全員の行動速度を上げつつ、アイテムでの回復役。
ついでに傭兵バディ102号も雇用しています。

と、こんな感じの戦い方でした。


土属性の耐性なんてないかのごとく、ガイアクラッシュの与ダメージが大きすぎて;;
消費アイテムが少なかったのはほとんどこれのおかげです笑

もし苦戦してなかなか勝てないようであれば、ひとまずは上級クラスを目指してレベル上げしてみてください。


大封印書の装備効果は、10歩ごとにTP3回復です。
これは普段使いでも良さそうな効果ですね!

2017-04-27-020842

ただ、召還マモノはそれほど強くはありません。

殴属性の通常攻撃と行動順下げの追加効果を持つスキル、それと風属性の単体スキル。
50%の確率で睡眠のYES/NO判定はなかなか使えますが、命令できないので使用頻度次第ですね。
普段からTP消費の多い戦い方をしているかどうかで装備するかが決まりそうです。





松山勝弘(まつやままさひろ)