ホラムシャハル郊外を探索していると、一つ目のショートカットコースを解禁できるかという付近でイベントが発生。
傭兵バディを連れることができるようになりました。

2017-04-26-230825

イベント時の強制戦闘画面です。
大封印書の召還マモノとは反対側の画面左下、ここに傭兵バディが表示されます。


ざっくりと言えば大封印書の召喚マモノのようなものですが、いくつか違いが。

まず、傭兵バディはお金で雇用しないといけない点。
一定期間(戦闘回数、逃走は含まない)が過ぎると雇用期間終了でいなくなります。

次に、パーティーのレベルやパラメータに影響されない点。
単純に強いバディほど高額が必要になりそうということですね。


後は同じです。
命令は不可能で、勝手に戦ってくれます。

2017-04-26-231816

今回加わった103号は、貫通スキルと追加効果・毒のスキルを持っています。
休んで1ターン無駄にすることもないのでかなり便利ですね。
ただ、お試しだからか、たったの3戦で契約期間は切れました。


契約期間切れと同時にイベント発生、「ケモノの鈴」をもらいます。
ホラムシャハルのみ有効なアイテムだそうで、とりあえずさっそく使ってみると、闇の商人スフレが再び登場です。

2017-04-26-235652

400ゴールドで101号、500ゴールドで102号の購入ができました。
選択すると詳細が見れますが、前者は物理攻撃型、後者は魔法攻撃型です。
両者とも「様子見」という1ターンサボリのスキルが混じっていました。

何も買わずに取引終了しても特に何もなし。


ケモノの鈴はなくならなかったのでもう一度呼び出して今度は片方を購入。

契約中は、別の傭兵バディを購入しようとすると先に購入した方を解雇しないといけないようです。
なので契約期間が満了してから再度呼び出し・購入した方が当然良い。


スフレの闇堕ちが解けて以降はこの傭兵バディのシステムがどうなるのかは気になるところですが…。
(少なくとも鈴を鳴らしても何も出現しません。)

ひとまず今は便利です。
パーティーのレベルが30未満で上級クラスにクラスチェンジできていない場合は特に!

契約期間は10戦闘ですし、それだけあればドロップアイテムを売るだけでも元は取れます。
いや、戦闘で得られるゴールドだけで十分かも?


ともかくレベルの低いうちは積極的に傭兵バディを雇用しておきましょう。
ちなみに、契約期間中であれば拠点に帰還しても傭兵バディは消えません。





松山勝弘(まつやままさひろ)