ハイラル大森林南東、「森の馬宿」付近にある「ミーロ・ツヒの祠」。

DSC_0005

内部は「力の加減」です。


まずは道なりに進み下の階に降りる。
エレベーターに乗りつつ望遠鏡で奥を見ると、球を入れる穴が見えます。

下の階には球が一つ、ぽつんと置かれている。
どうやらこの球を向こう側の穴に入れないといけないようですね。
ビタロックで球を止めて、適当に攻撃して向こうに飛ばし穴に入れる。
隣の宝箱に入っていた「鉄のハンマー」を使った場合、ビタロック中に5回の攻撃で入れられました。

DSC_0006

飛ばす方向などの理由で外した場合、右手にある攻撃すると作動するスイッチを攻撃すれば、球が初期位置に戻ってきます。


クリアすると左側に進めるようになるのでそちらへ。

DSC_0007

次は岩のブロックをビタロック攻撃して壁を倒し、その上を通って先へ進みます。
岩ブロックのあるレールの上は歩けるので、ビタロックは使わず岩を直接押して行っても良さそうな気もしますが…まあ面倒なので試していません。。


これで克服の証はもらえる状態になりますが、通り過ぎて奥へ進むともう一つ、球を飛ばして穴に入れる仕掛けがありました。
ここが難しい!!

障害物があるので方向は少しのズレも命取りになりかねない。
さらに一つ目の仕掛けと違い手前側に穴に続く道がないので、球は直接穴付近まで飛ばさないといけない。

隣の宝箱からもう一つ「鉄のハンマー」を入手できますが…。
これはつまり、何度も失敗する前提ということですよね;;


でも鉄のハンマーだけでクリアすることはできませんでした!!
何という罠!!

攻撃回数を書いてしまうと、槍2回と鉄のハンマー5回でした(ぼくが使ったのは火炎の槍です)。
他にもクリアする方法はあると思いますが、それはみなさんの武器ポーチに入っている武器種次第でしょう。

先に槍を使う方が良いです。
鉄のハンマーを溜め攻撃で振り回すと球を飛ばす方向を調整しやすかったので。
(溜め攻撃での振り回しだけで球に5回当てたら、即Bボタンで振り回しを解除します。)


さて、ここまで面倒なことをして仕掛けをクリアして、入手できる宝箱の中身は何だ!?
…「古代の巨大なコア」が入っていました。(ありがとう!!笑)

これなら粘ってクリアする甲斐はありそうですね。





松山勝弘(まつやままさひろ)