雷の神獣ヴァ・ナボリスの内部謎解きを終え、いよいよ雷のカースガノンとのボス戦!!

DSC_0006

これまで水と炎を終えていますが、雷は圧倒的に厄介ですね;;

まずは一気に突っ込んで力技で削ろうかと思いましたが速すぎて無理!
敵が通常攻撃に出ているとき、普通のダッシュで回避するのも不可能です。
(電気を飛ばす攻撃は楽に避けられますが。)


とりあえず、盾を構えてじっくりと待ちましょう。
敵が通常攻撃してきたら、盾でのガードを終えるとともに素早い武器(片手剣や槍など)で攻撃。
敵も盾を持っていますが、盾が壊れるまで攻撃できればそこからしばらくは殴りたい放題です。
時間が経てば敵の盾は復活するので、できるだけ早めに、かつ高火力の武器で攻撃を仕掛けること。

ちなみに、慣れればこちらは盾でガードではなく回避ジャストでラッシュを狙えます。
この場合は遅い武器(両手剣など)でもok。
そのうえ敵の盾を攻撃することで武器が消耗するという事態を避けられる。
武器ポーチにストックが少ないときには回避ジャストを狙いましょう。


半分まで削ると、妙な筒を大量に地面に突き刺してきます。
数刻後、ランダムな順番でその筒に落雷。
付近にいると雷属性の被ダメージ。

これ、避けるだけなら楽なんですが、避け続けていても永遠にこの攻撃は終わりません。
敵が高所にいるので弓で攻撃してみるも、どの矢を使用しても100%盾でガードされる。
つまり、まともに戦うわけではないと気付けない限り一生勝てないということですね。

…って、自分の話です;;笑
30分以上避け続けながら迷っていました笑

DSC_0007

ここで使用するのは「マグネキャッチ」。
筒はマグネキャッチで持ち上げられるので、これを敵の付近まで持って行きます。
そこで落雷があれば、雷のカースガノンにダメージ。
筒による攻撃は終わりです。


ここからは最初の攻撃パターンに近いですが、2点ほど違いがありました。

まず、武器や盾が電気を帯びていること。
「トパーズの耳飾り」などエレキガード効果のある防具を装備しておくと、しびれを少しは軽減できます。

そして、攻撃のタイミングが若干違います。

DSC_0008

雷属性がガードではなく回避ジャストを狙っていたのに、タイミングが違ったせいでなかなかラッシュを発生させられませんでした;;

しばらくすると武器の帯電が消えるみたいなので、それまで逃げ回り続けるのも一手かもしれませんね。


倒せばハートの器をドロップするので忘れずに回収して。
メイン制御端末を作動させれば、雷の神獣ヴァ・ナボリスはクリアです!

「英傑ウルボザの怒り」は、溜め攻撃をすると周囲に強力な雷を落とせるという効果。
今すぐ使うつもりがなければ、ポーチからアイテムを選択して「加護を受けない」に変更しておきましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)