ゲルド地方の神獣のメインチャレンジに入りました。

まず、ゲルドの街の族長に会い、話をします。
ゲルド族の神器「雷鳴の兜」が盗まれたから取り戻せという流れになり、兵舎で詳しい話を聞くことに。

兵舎にいる隊長は、賊のアジトがカルサー谷にあると教えてくれます。
兵士たちからは「戻ってこない兵士がいる」という話も聞けますが、特別な行動は特に必要ないし報酬もないので気にしなくて大丈夫です。


ゲルド地方北西にあるカルサー谷へ。
アジトの手前で、弓使いのイーガ団下っ端がまず1人襲ってきます。
もう少し進んだところでは3人まとめて。
ここは、消えた後の出現ポイントにダッシュで近付き高火力武器で連打、これでさっさと倒してしまいましょう。

この弓使いの下っ端が落とす「二連弓」は、ハテノ村のミニチャレンジ「幼き武器マニア」で依頼主に見せる必要がある武器なので、一つは回収・保管しておくことをお勧めします。


奥へ進み、落ちているたいまつを拾って、片っ端から掛け軸に火を点けていく。
一つだけ正解の道があり、その先へ進むとイーガ団アジトです。
アジトに入るとセーブできなくなるので注意。

DSC_0011

ここで、先ほど行方知らずと言われていた兵士が捕らわれているのがすぐに見つかります。
兵士からは「イーガ団に見つかったら仲間を呼ばれる」という貴重な話が聞けました。

とりあえずすぐに見つかってみて仲間を呼ばせる笑

DSC_0012

すると、妖精の効果がここでは発動されないようで、一瞬でゲームオーバーになってしまいました…笑

直接姿は見られなくても、リモコンバクダンや弓矢で攻撃を当てるだけでも仲間を呼ばれます。
呼んだ後は何故かすぐにこちらの姿を見つけますし、全員でまとめてかかってくるのでなかなか厄介です。

が、慣れてくれば倒せるようになります。


まず最初の部屋では、仲間を呼ばれると出てくるのは下っ端2人。
元からいる幹部2人と合わせて4人で攻めかかってきます。

とりあえず下っ端がすぐにいつもの瞬間移動でこちらまで寄ってくるので、出てきた瞬間に叩いて倒す。
幹部が寄ってくる前に倒してしまえば後は楽勝です。

先ほどゲームオーバーになった理由は、幹部の一刀を喰らったため。
もしかすると防御力に関係なく当たったら即死ダメージを喰らう可能性があります。
盾でガードした場合はセーフで、回避ジャストも使えました。
が、ここでは盾もジャスト系も使いません。

普通に、ちょっと離れてリモコンバクダン投げまくり。
これだけでokです。

下っ端と違い足が遅く、離れすぎなければ瞬間移動もしてこない。
武器で攻撃してきたときに出る衝撃波には、当たっても大した被ダメージはないので避けるほどではない(吹っ飛ぶのが面倒な場面であれば避けますが)。
なので、ゆっくりと近付いてくるところにリモコンバクダンを連続で投げ続ければサクッと倒せてしまいます。
…って、サクッとというほど短い時間ではありませんでしたけど;;

もちろん、戦わずに気付かれないように進んで行くこともできますが、幹部が持っている武器「風斬り刀」も、前述したミニチャレンジ「幼き武器マニア」で必要です。
ワールドマップで幹部と遭遇し倒しても入手可能ですが、取れるときに取っておいた方が楽ではないかと。


敵に見つかり仲間を呼ばれると奥へ進む扉が閉められますが、すべて倒すと開きます。
開いた扉から奥へ。
あ、扉の手前の壁掛け台にツルギバナナが計2つかけられていました。

奥へ進みハシゴを登ると、上から敵の配置が見えます。
今度は幹部が6人。
戦わずに進みたい方は、ここで敵の配置と動きをよく見ておきましょう。
降りずにそのまま奥へ行くと、ツルギバナナ部屋があり大量のツルギバナナが入手できます。


今回の幹部は6人と多いですが、先ほどのリモコンバクダン作戦で倒しきれました。
この部屋だと動き回るのに不便だったので最初の部屋まで逃げています。
さすがに6人ともにまったく近付かれないようにバクダンの投げ位置を調整するというのは無理でした。
そこで、1人以上に近付かれたらダッシュで階段を上り入口の方(ゲルド族が捕らわれている方)へ進む。
しばらくはそこから下にいる幹部たちに向けてリモコンバクダンを投下。
1~2人が階段を上がってきたら、そちらの方へリモコンバクダンを投げ入れて数刻食い止める。
6人ともがある程度近付いて来たら(階段を上ってきていない者がいても)、パラセールで飛び越えて行く。
そこのぐるぐる出来るところ利用して、また自分の立ち位置を入口側に戻す。
…と繰り返して、少し時間をかけてのクリアです。

これで下っ端および幹部との戦闘は終了。


一番奥の部屋まで進み、宝箱の中身を回収。
まさかの「ツルギバナナ」で焦りました;;

怪しいところがないかと探っていると、地面に宝箱が埋まっているのを発見。
それもすべて回収している途中、一部の壁がマグネキャッチに反応していることに気付きました。

DSC_0013

回転扉になっていたので、この壁をマグネキャッチで半回転させ向こう側へ進む。
ひとまず、潜入作業はこれでクリアです。

この先にはボス戦がありますが、オートセーブはされていたようなので、もしゲームオーバーになってもその場でリトライできて安心ですね。





松山勝弘(まつやままさひろ)