始まりの台地の南側、付近の祠から見るとやや東。
いつもの老人と小屋があります。

焚き火(料理鍋)の近くにいる老人に話しかけると、その料理鍋で料理が作れるとのこと。
リンゴを放り込んでもただの焼きリンゴにしかなりませんでしたが、組み合わせ次第でいろいろな料理になるそうです。

話を聞いたあと、料理を試す前に小屋を覗いてみました。

DSC_0005

小屋内にある日記には「ピリ辛山海焼き」のレシピを教えてくれた人に「防寒着」をあげると書かれています。

すぐには作り方が思いつかなかったので先に祠に行こうとしてみたのですが、その辺りは寒冷地帯。
何もしていなくても、時間経過だけでハートが削れていくとんでもない場所でした。
こまめに食べ物を摂りながらというのもありでしょうが、少しもったいない気もしたので料理作りに帰還。


日記には、ケモノ肉、ポカポカ草の実、それともう一つの食材が必要だと書かれています。

ここで、料理名に注目。
「ピリ辛山海焼き」ということは、山の食材のほか海の食材がいるということ。
ということで水中で手掴みできる「ハイラルバス」が三つ目の食材だとわかりました。

…でもケモノ肉を持っていない;;
鳥を撃ち落としてもトリ肉、リスを射てもドングリしか手に入らず、魔物を倒しても肉はドロップしない。
普通に考えるとこの時点までで入手できる食材の中に使えるものがあるはずなのに、と考えて試しに「トリ肉」を使ってみました。

ピリ辛山海焼きだし、山と言えば鳥だという安易な発想でしたが、正解でした!
ポーチを開き、トリ肉とポカポカ草の実とハイラルバスを同時に「手に持つ」。
料理鍋に放り込む。
これでピリ辛山海焼きの完成です!

あ、鳥はこの老人の付近に出ます。
弓矢で射れば一発ですが、なければリモコンバクダンあたりで頑張りましょう。
失敗しても、料理鍋の焚き火を調べて朝にすればもう一度出現するのを確認しました。


【追記始】

ケモノ肉は、北側にいたイノシシを倒せば取れました。
かなり動き回るし、矢だと2~3発当てないとならないのでトリ肉の方が楽ですね。

【追記終】

DSC_0007

あとは老人に話しかけ「防寒着」をゲット。
さっそく装備して、祠へ向かいます。

(注意!防寒着を着ていても、寒い地域の冷たい水中に入ると、継続大ダメージを負いすぐにゲームオーバーになります!)





松山勝弘(まつやままさひろ)