10章のストーリーミッション、「第二次帝国軍運輸拠点攻略作戦」の後半戦です。

2017-01-25-032820

野営地からのスタート。
強制出撃としてアムレートが固定されています。

いつの間にか、ミッションの推奨レベルとキャラのレベルとの間に5以上の差が付いていますね…;;
フリーミッションも適度にこなしているのに;;

まあ、クリアできたので関係ありません笑


今回は四将のヴィクトールとの再戦。
ですが、そこへ向かうまでに雑魚がいくらかいます。
RPは回復するのでともかくとして、サイドアームは使わないように注意しましょう。
最近の雑魚兵や咒機の中でも簡単に倒せる方なので軽くいなして奥へ進みます。


ヴィクトールの扱う重咒機は以前と同じ、双頭の蛇。
弱点や耐性も同じで、左の頭(こちらから見て右)が咒術に弱く、右の頭(こちらから見て左)が咒術に強いので通常攻撃しないといけません。

と言うことで、サイドアームはすべて右の頭にぶち込みます。
左の頭には遠距離攻撃のできる火属性の咒術を使用。
「アグニ」「イグニス」「インフェルノ」などです。

RPが尽きたら通常攻撃に移行し、回復したら再び咒術で、といった流れ。
なので左右交互に攻撃する形になります。
前回戦った時と同じですね。


前回と違う点は相手の行動パターン。
いくつか追加されています。

2017-01-25-111704

まずはこれ。
首を絞めて蛇の中に閉じ込められることがあります。
自身が動ける範囲が狭くなるので敵の攻撃を避けづらくなる、
というだけなので基本的にはさほど問題はありません。
が、もし体力が尽きてRボタン復活待ちの仲間が外に取り残されたら、
逆に自身が外にいるときに絞められて中に取り残されたら、
しばらく救助に行けなくなるので、タイムアップになってしまう可能性があります。

一応、頑張れば首の隙間から出られたので、時間が足りなければ無理してでも救助に行きましょう。
復活カウントに余裕があるなら、敵の攻撃時にできた隙間や首絞め解除時に向かえば十分。


2つ目は雑魚敵召還。
これまでも四将の重咒機とのボス戦時に出てきた、十字型のやつです。
今回は水なので火属性で攻撃すれば簡単に倒せます。
が、こいつの周囲に回っている球に触れると凍結状態になってしまう。
一撃で倒せないなら離れて戦いましょう。

放っておいた場合、攻撃はしてきませんが、遅くない速度で近寄ってきます(完全に凍結狙い;;)。


3つ目は「移動」。
時々、場所移動してきます。
このとき、一度直線になるので、どちらが咒術に弱くてどちらが…というのがわからなくなってしまう恐れ。
ただ、再び元の形状に戻ったときには耐性は同じ側になるようなので心配要りません。
わからなければ、移動が完全に終わるまで攻撃しなければ大丈夫ですね。
(わからなくても一度攻撃すればわかるのでそれでも良いんですけど;;笑)


次は、ミサイルのようなものを同じ場所に複数発連続で撃ち込んでくる攻撃。
これ、ノックバックが起きるからか一度当たるとその場から移動できず、攻撃が終わるまでの残り全弾を喰らうことになってしまいます。


ラストは煙幕。
に関しては、ボス戦ではなかったですけど雑魚戦で経験済みなので問題ないでしょう。
サイドアームなどは敵を視認していなくても射程圏内なら攻撃できますし。
効果時間もそれほど長くありません。


前回より体力が高いので少し時間がかかりますが、パターンはほぼ同じなので十分に勝てる相手です。
範囲攻撃が多いからか火力が高いからか、操作していない仲間が頻繁に倒されるのと、
後は増援の球に触れて凍らされると面倒だったくらい。

2017-01-25-115258

一応、約22分かかってもクリアタイムはSランクでした笑
追加報酬のエースはボスの元にたどり着く前のどこかにいたのかな?
撃破数はボス戦中の増援で稼げます。


終わればついに最終章!
ここに来て各人の武器のスキルツリーが追加されます。
サイドアーム開発の追加はありませんでした。

次のストーリーミッションの推奨レベルは一気に60まで跳ね上がっていたので、
しばらくはフリーミッションをこなしつつ武器の強化に励みます。





松山勝弘(まつやままさひろ)