6章に入り、最初のイベントマークが「A・V部隊本部」に付いていました。
そこへ向かうとイベント発生後、そのままストーリーミッションが始まってしまいます。

2017-01-22-221943

「ミランダ・ヴィルフォルト入隊試験」。
その名のまま、ミランダの入隊試験です。
当然、出撃はミランダ1人のみ。

ここでまずは「バトルパレット設定」を見ておくことを強くおすすめします。
ミランダ自身「装甲兵」ですし、おそらくはゴドーのそれを丸ごと引き継いでいるものと思われますが、
もし間に咒工場で武器強化などをしていた場合、
ゴドーにセットしていたラグナイドを強化に使用することが可能。

2017-01-22-222055

つまり、ミランダの咒術が歯抜け状態になってしまいます。

なくても通常攻撃とサイドアームだけでどうにかなりますが、あった方が断然楽。
咒術のセットを忘れないようにしておきましょう。


まず最初は軽咒機1体との戦い。
ぼくはランチャー2発と通常攻撃で倒しました。

続いてブリギッタとティルダが加わり、
ダリル、ヘレナ、ジョルダーを相手にすることになります。
ここは敵3人が固まったときを狙いグレネード、散開中は咒術で攻撃という形が効率が良いかと。

最後は再びミランダ1人で、アムレートとの一騎打ちが待っています。
咒機との戦いで使ったサイドアームの弾数が残っていれば、それを連発で楽勝でしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)