イベントを作ったら、そのイベントが実際に思った通りに動いているか確認してみましょう。
自信があるなら後でまとめてやっても良いのですが。
RPGツクールにあまり慣れていない方は一つ作る毎に確認した方が無難です。
あっちもこっちも不具合が起きると、一気に直すとき「あれ?こっちはどんな不具合だっけ?」となって大変なので;;


マップ編集やイベント編集中もテストプレイはできますが。
わかりやすいのは、最初の作成メニュー画面。
「マップ設定」「イベント設定」「データベース」「テストプレイ」「セーブ」とあるので。
ここからテストプレイに入れます。

セーブは予めしておく必要はありません。
テストプレイを選択して始めるときに、毎回セーブさせられるので。


テストプレイを始めると、ゲームのタイトル画面に入ります。
既に以前テストプレイをしたことがあって。
「はじめから」でゲームを開始。

DSC_0003

テストプレイの画面はこんな感じです。
イベントが実行されると、下画面に処理されたイベントの内容が次々に表示されていきます。
なので、思った通りに動かなかった瞬間に下画面に表示された部分が(大抵)異常だと判断しやすいですね。
イベントを修正するときはその辺を重点的に見直すのが近道でしょう。


テストプレイは毎回「はじめから」やるのも面倒なので。
問題なく進んだなら、その時点までの進行状況を「セーブ」しておきましょう。
普通のゲームや、制作を完了したゲームをセーブするのと同じです。
次回以降のテストプレイでは、「つづきから」を選べばそのセーブした地点から進められます。
ただし、「つづきから」プレイするには。
ゲーム制作中のテストプレイからではなく。
一度RPGツクールフェスのホーム画面まで戻り「ゲームプレイ」から始めないといけません。
他にも方法はあるかもしれませんが、ぼくはこの方法しか見つけられていないので;;

【追記始】

Xボタンで開く、ゲーム内のメニューでセーブした場合は上記の通りですが。
Yボタンで開く、テストプレイ専用のメニューからセーブした場合は、テストプレイでの「つづきから」選択が可能でした。

【追記終】

セーブデータは3つまで作れるので。
場合によってはいくつかのセーブデータに分けてセーブしておくと便利かもしれません。





松山勝弘(まつやままさひろ)