ぼくはシナリオを大まかにしか決めていないので。
シナリオの流れによっては作らなくても良いマップがあるかもしれない。
そこで、マップを少し作ってはシナリオを少し進行させて(=イベントを付けて)…とといった形で作っています。

と言うことでまずはオープニング。


ゲームを始めていきなり自由に行動できる状態だと。
プレイヤーは何をすれば良いのかわからなくなりますよね。
もちろん、四方八方囲まれた小さな部屋に立札が一つだけ、とかなら誰しもがそこを調べるでしょうから。
あえていきなり放置するというのも、制作側の考え次第ではありだとは思います。
その場合は、その立札などプレイヤーが行きそう、調べそうな場所に次にどう行動すれば良いのかのヒントが示されるイベントを設置していけば良いとして。

ここでは王道のオープニングの実装を。


とりあえず、オープニングを行う場所に主人公を初期配置しておきます。
「イベント設置」から、初期配置したい場所でAボタン。
「イベント作成」「簡単作成」の下にある「初期位置」を押すだけで。
主人公パーティをそこに初期配置するのは完了です。

次にオープニングイベント。
主人公が初期位置にいる場合に表示されるマップの範囲内にある、適当なマップチップにイベントを作成。
ページ1の「開始」を「自動実行」にすれば。
ゲーム起動とともにイベントが始まります。


イベント内容はそれぞれのゲーム次第ですが。
背景を付けて、画面にテロップを流すというのがやりやすそうですね。
背景は「タイトルイラストの表示」から選んでも良いですし。
オープニング専用で作ったマップに主人公を初期配置しておくという手もあります。
その場合、主人公の姿が邪魔なら「表示状態の変更」から主人公を透明にしたりしておけば良いでしょう。

イベントが終わったら、背景を消したり主人公を町にでも「場所移動」させて(透明中なら透明を取り消して)。
次はそこに自動実行のイベントでも配置しておけば。
主人公に簡単なセリフを付けることもできますね。


忘れてはいけないのは。
「自動実行」の場合、イベントの最後に「スイッチ」を「オン」にしないといけません。
じゃないと、同じイベントが永遠に繰り返されてしまいます。

とりあえずオープニングなのでスイッチ1を使って。
スイッチの名称に「オープニング終了」とでも付けておきましょう。

DSC_0002

そして、そのイベントの2ページ目の下部。
「このページになる条件」のところに「スイッチ1がオン」を設定し。
イベント内容を「なし」のままにしておけば。
このイベントはこれ以上発生しません。

DSC_0001

ぼくのオープニングイベントの一部はこんな感じです。

テロップを使わず。
主人公がいきなり右往左往したのち愚痴をこぼす形にしました。
そのままだと動き終わった瞬間にセリフが出てきて気持ち悪かったので。
間に「ウェイト」を入れて、誰も動けない時間を挟んでいます。
ちなみにウェイトに付いている「アニメ有り」は、主人公がその場で足踏みするかどうかのことです。





松山勝弘(まつやままさひろ)