町の外に出るための長老からの課題を達成するべく。
3人から困りごとを聞き出してきましたが。
解決するための品を作る方法がわからず、一度アトリエに帰還してきたところです。

ここで、今作「フィリスのアトリエ」でのレシピ習得の基本は。
前作「ソフィーのアトリエ」のそれと同じく「発想」であることが判明しました。

2016-11-02-150348

特定のキャラに話しかけたりアイテムを調合したり使用したり。
はたまた敵を倒したり素材を入手したりなど。
様々な行動を行うことで、フィリスがレシピを発想します。

いろんな行動を取っているとレシピ発想のヒントが出ることもあるようなので。
とにかく、なりふり構わず何でもかんでも手を出してみるのが良いということですね。
ヒントが出れば、メニュー「レシピノート」や、「図鑑」の「レシピ発想」から確認できます。


ひとまず、困りごとを達成するために何をすれば良いかは。
更新された「クエストノート」でわかりました笑

1つはリアーネが来るまで無視。

2016-11-02-150701

2つ目は扉の前にいる男性、3つ目は井戸の近くにいるおばあさんにまず話しかけてみることに。
今回も吹き出しが出ているのですぐに見つかるかと。

話しかけると続いて、おばあさんには「妖精の日傘」を採ってきて3つ渡さないといけません。
おそらく話を聞いた後に採取しないと納品できませんが。
納品時は、コンテナに預けているものから納品したいアイテムを選択することも可能です。

とりあえずその辺に生えているキノコを採って来ましょう。
納品すると、レシピを発想できました。


男性の方は「カーエン石」を2つ採取したらその時点でレシピ発想。
町の南側にある岩を砕くことで入手できます。
エリアショートカットで「採掘区入口」へ飛びましょう。


これでアトリエに帰還すれば、新たに2つのレシピが調合可能になったわけですが。
そのうち「エルトナ軟膏」は錬金レベルが足りていないため今は作れません。
先に「フラム」を終わらせましょう。

フラムを調合し終えると、イベントでリアーネが登場。
3つの困りごとの人々がいる、人が集まっている場所あたりにいるそうなので。
そこまで行きリアーネに話しかければ飛ばしていたもう1つのレシピも発想できます。


ちなみに、フラムを調合してもエルトナ軟膏を作るにはまだレベルが足りていないので。
先にリアーネの方を進めることになりました。





松山勝弘(まつやままさひろ)