3章に入り最初の2択で「旧寺院エリア」を選択。
これで攻略順が「旧寺院エリア」「元繫華街エリア」の順になったところで。
前者の攻略を進めていくと「かぐや姫」が加入。
これで血式少女が計6人になり、パーティの戦闘メンバーから1人溢れるようになりました。

と言うことで、6人目以降の血式少女が入ったときに上がる疑問点2つに関して。
とりあえず加入するたびに装備やスキルをチェックしておくのはこれまで通りとして。


まずは「血式能力」。

2016-10-16-174429

メニュー「スキルカスタム」の「血式能力スロット」で確認してみましたが。
どうやら、戦闘メンバーまたはコンビネーションのいずれにもセットしていないキャラの血式能力も発動できるようです。
これでひとまず、攻略のためにマップに合わせてメンバーを何度も入れ替えたりする必要がないことはわかりました。


それとパーティ編成ですが。
ジャック1人と血式少女5人までなので。
6人目の血式少女が加入したら、誰か1人を戦闘メンバーから外すことになります。
ぼくはかぐや姫のレベルが18と低かったので彼女をそのまま外しておくことにしたのですが。
戦闘メンバーだけじゃなく、「コンビネーション」にセットすることもできますよね。

2016-10-16-174503

戦闘メンバー1人あたりコンビネーションを1人までセット可能で。
キャラごとにコンビネーション時に発動する効果は違います。
かぐや姫なら「低確率で金品奪取」。
取得金額を増やしたりドロップアイテムを入手できるということでしょう。
他にも、キャラによって状態異常付与や反撃などのコンビネーション効果があります。


気になるのはコンビネーションにセットしたキャラにも経験値が入るのか、ですが。
戦闘メンバーがもらえる経験値量の半分の経験値がもらえます。

例えば敵を倒して6000の経験値を入手したとして。
ジャックを含めると戦闘メンバーは6人。
1人あたり1000の経験値を取得できます。
さらに、コンビネーションにセットしているキャラには500の経験値が入るわけです。

コンビネーションにキャラをセットしていても戦闘メンバーが取得できる経験値は減らないので。
発動効果も含め、セットしておいた方が圧倒的にお得ですね。
通常時は使う気のないキャラだとしてもレベルが上がっていてくれたら。
例えば血式退化したキャラのレベルが再び上がるまでしばらく交代させる、なども可能ですし。
敵に合わせてや気まぐれでも、メンバーチェンジがしやすい。


と、こんなところですね。
ひとまず枠漏れしてもさほど苦労する要素はなくて良かったです。





松山勝弘(まつやままさひろ)