666番街に赴きクエスト「プロメスの頼みごと」をクリア。

帰還し「酒場」でイベント発生…すると、次のボス戦を終えるまでダンジョンに行けません!
つまりは、主人公やデモンたちはこの時点でのレベルのままでのボス戦を強いられます!
特に最後に仲間になったデモンなどはレベルが低いでしょうから、先にレベル上げしておきましょう。

…とは言え、わざわざこういう仕様にしている以上は今のレベルでも勝ち得る相手だということ。
自信のある方はそのまま酒場のイベントを発生させて問題ありません。


と、酒場でイベントが発生させると。
いろいろあって「外に出るとすぐ戦闘開始だ」という状況になりました。
ダンジョンに出向きレベル上げをすることもできない。
使用できる施設は「プロメスの部屋」のみ。
カプリコーンのレベルが2のぼくは満身創痍です;;笑

2016-10-01-173014

念のためセーブせずにそのままボス戦開始。
敵の名は「エルゴワイバーン」、取り巻きはおらず1体のみでした。


行動パターンは。
・通常攻撃
・魔法攻撃「エビルボルト」
・1列攻撃(前列のみ?)
・全体攻撃「毒のブレス」
・物理強攻撃

範囲攻撃を2種も持っているうえ、毎ターン2回行動です!
1ターンに2回も範囲攻撃されたターンは泣きそうになりました;;

「毒のブレス」は状態異常・毒にされそうですね。
ぼくは運が良かったのかなりませんでしたが。
ライブラの好感度レベルを2に上げていて「天秤座の加護I」を覚えていたことも影響しているのかな(ブレスや状態異常などに対する特殊防御が10%アップします)。
念のため解毒アイテムは数個持っていた方が良さそうです。

1列攻撃は前列にしかされませんでしたが。
こちらの隊列が前列4人、後列1人という構成だったからかもしれません。


とりあえず開始早々にトランスデモン。
回復はライブラの全体回復魔法「マルチキュア」、大回復魔法「ハイキュア」に一任して。
主人公はトランスデモン時のみ使える対・神に有効なスキル「スタークラッシュ」を連発。
ペガサスは高火力スキル「ディレイスマイト」を連発。
レオとカプリコーンは回避率の上がる「ファストブレイド」を連発(レオのファストブレイドは神器の装備、カプリコーンはリバティスキルで覚えさせています)。

敵の残り体力3分の2ほどで初めて範囲攻撃を喰らいカプリコーン(Lv2)が倒され。
2分の1ほどで、回復が追い付かずレオ(Lv8)がやられる。

これで逆に範囲攻撃の脅威が減ったため回復が楽になり。
残る3人でどうにか押しきれました。

主人公とペガサスはLv13、ライブラは11。
難易度は「けしずみ」です。


…今書きながら気付いたのですが。
「プロメスの部屋」だけ使えるというのは、「難易度宣託」も可能だということですよね!?
勝てなければ難易度下げれば良かったのか…。
と言うことは戦闘前にセーブしても問題なかったのか…。
判断鈍っていました;;

ま、まあとにかく初見で勝てたので問題なし!


次は酒場に集合です。
新たに港の場所が地図に記され「ルーン灯台」に行けるようになったかと思いきや。
そこに行きイベントを起こすとまた行けなくなりました(「円卓広場」のときと同じですね)。

帰還したら「灯の霊廟」が次の目的地だということに。
鍵も揃っていますし、あの開かなかった扉(と言うか炎)の先でしょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)