灯の霊廟のデモンサークルに入りました。

今回も妙な仮面たちをいじらないとレオの元へ行けないようでしたが。
やることは前回(ライブラ)の時と同じで、仮面に向かってキックするだけです。

すべての仮面に一度ずつキックを喰らわせると、「レオが姿を現した」と出たので。
奥へ進みレオとのボス戦開始です。

2016-09-30-161009

取り巻きが2体いますね。
「マジックシードA」「マジックシードB」。

最初はこの2体が前列、レオが後列で。
後列にいるレオは攻撃が届かないからか何もしてきません。
ついでに補助魔法や回復魔法も持っていないということですね。

マジックシードはライブラ戦の取り巻き「シード」とほとんど変わらずほとんどが通常攻撃。
そして大した火力もなし。
違う点は、3連続でダメージを与える攻撃パターンがなかったことと。
「マジックウォール」という、魔法防御力を上げるスキルを時々使ってきたことです。
AとBの両方が同じタイミングで使ってくるので、効果が重複して攻撃魔法はかなりの威力を殺されそう。
…はい。
攻撃魔法は一度も使わなかったのでまったく気になりませんでした笑
物理攻撃をメインにして戦えば、攻撃チャンスが勝手に増えるくらいに考えれば良いでしょう。


ここまでは問題ないのですが。
マジックシードを1体も倒さないうちに、列を移動されました。
レオが前列に、マジックシードたちが後列。
何が厄介って、レオの攻撃が喰らうようになっただけではなくマジックシードたちの攻撃もこちらに届くんですよ;;

なので、マジックシードたちには列攻撃や範囲攻撃よりも高火力単体攻撃を優先して使用し。
列移動される前に1体だけでも倒すようにしておくと少しは楽になるかと。
ちなみに、数ターン経つとまた列移動があったので。
倒しきれなかった方のマジックシードはその時に。


レオの行動パターンは。
・通常攻撃
・3連続攻撃(対象は都度ランダム)

確認したのはこれだけでした。
が、火力が高いので特に3連続攻撃が恐い。
難易度「けしずみ」でレベル10前後だと3回で計120ほどの被ダメージを負うことが多く。
頻度も少なくないので回復が大変でした。

幸い、レオはこちらの後列には攻撃できないようなので。
後列にセットしておいたライブラの全体回復魔法「マルチキュア」はところどころで便利に働いてくれました。
消費MPが多いので、基本的にはアイテム使用による回復役をさせていましたが。

トランスデモンも計2回発動させ。
ペガサスのデモンスキル「アイアンシェルI」で1ターンの間物理ダメージを軽減させるというのも。
残りHPが少ないときには重宝しています(回復する前にやられないように)。


こんな感じです。
耐久力がしっかりあり、回復さえ追いつけば勝てます。

勝てばイベント後、自動帰還。
ミュゼに報告しようとするとワールドマップから「円卓広場」に行かされ。
そこでのイベントののち今度は「スタジオ」そして「プロメスの部屋」「メンテナンス室」。
と、間にあったことに関しては別の記事で書くためここでは飛ばします。
「レオを倒せば」ではなく、「ライブラ、レオ、カプリコーンのうち2体倒せば」が条件になっていそうなイベントっぽいのでここにまとめて書くとややこしくなるかと思われるので。

次のダンジョンに向かう前にはレオが加入!
主人公が中立の場合の加入時リバティスキルは。
命中率の高い隠密アタック「スニークアタック」。
または、敵1体に3連続攻撃(集中が必要)の「テラベイン」。

ん?隠密?集中?
と、この時は何もわからなかったのでなんとなくスニークアタックの方を選んだのですが。

集中は、戦闘中にまずスキルの特殊技能に「集中」があるのでそれを選んで。
次のターンに集中が必要な攻撃(今回覚えられる「テラベイン」など)を使える、という言わば溜め攻撃です。
ちなみに集中が必要なスキルを覚えていないうちは集中という選択肢自体がありません。
隠密も同じようなもので、特殊技能からまず「隠れる」を選ぶ必要があります。
隠れている状態なら「スニークアタック」のような隠密技を使えるのですが。
集中は一回一回切れるのに大して隠密は何ターンか続くことがあるのと。
「隠れる」を使わなくても隠れている状態になっていることもあります。

ひとまず今の時点では、敵にあまり狙われたくないなら隠密、火力を活かして連続攻撃をしかけたいなら集中。
という決め方で良いかと。
(と言うかテラベインの方は最初の主人公作りの時にもあったやつなので知っている方は知っていますよね;;)


レオもライブラと同じくレベル1だったので。
全デモンは加入時レベル1からっぽいですね。

2016-09-30-214807

あ、この写真は撮り遅れたのでレベル2ですが;;

レオの面白いのは、MPがないことですね。
数値として0ではなく、まったくない。
つまり今後も増える可能性は一切ないであろうということ。

覚えるスキルはすべて消費MPの要らないものだと考えられるので。
戦闘中、スキル使いたい放題です。

その代わり注意すべきは。
神器装備で例えば回復魔法などを覚えさせてもMPがないので使えない、という点ですね。
最初にカッスルからもらった「狩人の目」をレオに付け替えるなど、特徴にあったものを装備させましょう。





松山勝弘(まつやままさひろ)