ボス「セルペンタス」を倒した後も「隆起珊瑚の森」を引き続き探索していると。
リトル・パロがやってきて漂流村の異変を教えてくれます。

すぐに戻って来てくれとの伝令だったので、探索を中断し漂流村へ帰還。
イベントが発生し、獣たちに囲まれているとのことです。
これを退治し追い返すのが「迎撃戦」!


敵侵入ルートは2つ。
そのうち片方をアドル、ラクシャ、サハドが引き受け。
もう片方を残る全員で対処する形。

今回こちらが対応するのは海側です。
WAVEは3。

2016-07-24-152714

ドギに話しかけると迎撃戦開始なので。
回復、セーブなどの準備を先に終わらせておきましょう。


迎撃戦には突破されてはいけない最終防衛ラインの柵があり。
これを破壊され侵入されると迎撃失敗となります。
柵にはHPゲージがあり、0になると破壊です。

また、獣たちの気を引くおとり「デコイ」というものが複数。
獣たちは出現場所によっては柵ではなくこちらを攻撃し始めます。
と言うかほとんどがデコイに向いている。

このデコイにもHPがあるので、0になると壊れます。
残っていた方が便利なので極力守るようにしましょう。
もちろん、もし柵と同時に攻撃されていたのなら柵の防衛の方が大事です。


迎撃戦中は、自身たちが優勢にあるか劣勢にあるか。
またドギたちが優勢にあるかどうか。
これら戦況ゲージが画面に表示されています。

まず、自身たちが優勢だと迎撃戦中にHP(キャラの)やSPを大きく自動回復できます。
SPも回復するので、それを見越して先にスキルをガンガン使って優勢に持って行った方が良いですね。
その後もスキルがほぼ使い放題になるので。

そしてドギたちが優勢だと、手が空いている人物がこちらに加勢に来てくれます。
これは優勢になるように操作しようがないような…;;
そう言えば「冒険日誌」には「漂流村強化率」というのがありましたが。
名称的には迎撃戦に関係していそうですね。
とすると、これの強化度合いによってドギたちが優勢になる可能性が高くなるとかそういうことなのかな。
それっぽいですが、はっきりしてから改めて記事を書きますので。


さて、加勢に来ると言っても一緒になって戦ってくれるのではなく「サポートスキル」が発生する形です。
キャラによってスキルの内容が違い、好感度次第でより強力なスキルになります。
クエストはすぐにこなしておいた方が良さそうですね。
ちなみに今回の迎撃戦ではサポートスキルが発生するのはWAVE2からです。
(WAVE1と2の間にイベントが発生しチュートリアル画面。)

各キャラのサポートスキルにどんな効果があるかは「冒険日誌」から確認できました。
それぞれ攻撃系、補助系、回復系と様々な効果。
リトル・パロやハシビロコウまでサポートスキルを持っているのには驚きましたが笑

カーラン卿のサポートスキルだけはこちらにとって不利な効果です;;
これは、敵の攻撃力が一定時間アップするもの。
好感度が上がったら良い効果のものに変わるのかどうか…。


迎撃戦の結果!
アドルたちはAランク、ドギたちはSランクでした;;
冒険メンバーが仕立て屋や開業医のいるメンツに負けるなんて…笑

この結果によってもらえる報酬アイテムが変わるので。
毎回Sランクを目指して挑まないといけませんね。

2016-07-24-154111

ちなみに、一度起こした迎撃戦は「演習」という形で後で何度でも起こすことができます。
ハイスコアの更新もできるようですね。
レベルが上がって余裕でクリアできるようになってから受けるとSランクは簡単そうです。

新たな迎撃戦の発生はリトル・パロが伝えに来てくれるとのこと。
探索中の画面右上に迎撃戦マークが付くので。
これがなくなる前に漂流村に帰還しないといけませんね。





松山勝弘(まつやままさひろ)