「絆の塔」の第7階層。

DSC_0002

今回のマップは「ジャンクション」です。

味方がゴリガン、敵はゼネスとソムニア。
ハンデがあるとは言え、2対2の普通の同盟戦ですね。

ゼネスのハンデは4。
通行料+50%、初期領地2ヵ所(「ハーフリング」2体、領地レベル2)。

ソムニアのハンデは3。
初期領地3ヵ所(「スタチュー」3体)。


ゼネスのブックは4色で攻撃型です。
「リリーフ」を頻繁に引かれさえしなければ。
クリーチャー交換や地形変化で余計な魔力を使ってくれるのでそこそこ楽。
通行料50%がそれほど気になりません。
時々、ソムニアがゼネスの領地レベルを上げて来るのが面倒ですが。
その領地さえ避ければ問題なし。

ソムニアは水単色。
「ボージェス」が抜けているので前回とは別のブックですね。
「ウォーターシフト」も使いつつ水連鎖を増やしてきます。
そこに領地レベルを上げられると辛い。
「ストームシールド」を持っているので、巻物攻撃など対策を用意しておきましょう。


味方のゴリガンは火・水・風。
レア度Nばかりのシンプルな作りですが。
スペル「ウェイストワールド(6ラウンド、レア度Sの使用魔力は1.5倍、RとEは2.0倍になる)」を3枚持っています。
こちらもそれに合わせてレア度を抑えたくなりますが。
その場合、実はゴリガンはウェイストワールドをあまり使ってくれない点に注意です。
レア度Nばかりにするなら、その自身のブックにもウェイストワールドを2~3枚入れておいた方が良いでしょう。
(気にせず普通に挑むのが一番良いかと思いますが笑)

こちらは地単色のブックは避けるとして。
ソムニアが「フリーズサイクロン(全ての火・地クリーチャーのHP-20)」を持っているので、火属性もお勧めしません。
1枚だけとは言え、運悪くゼネスの「スウォーム」や「マジックボルト」などと組み合わさると恐いので。
単色なら、水でソムニアと直接やり合うか、競合を避けて風にするかですね。





松山勝弘(まつやままさひろ)