クエスト「混沌のコロシアム」もいよいよステージ「第9試合」まで来ました。

DSC_0003

マップは「メトロブリッジ」。
前回と違いルート分岐は好きな方へ進めるのは嬉しいですね。

敵セプターはクラネスとゼネス。
クラネスがハンデ4。
通行料50%アップと、初期領地2ヵ所(「ハーフリング」2体、領地レベル2)。

ゼネスはハンデ5!
通行料25%アップ、周回ボーナス25%アップ、初期領地4ヵ所です!
初期領地のクリーチャーは「フロギストン(火)」「アクアリング(水)」「スクワリン(地)」「ブリッツイレブン(風)」。
各属性の最弱クリーチャーそろい踏みですね。
領地レベルは1ですが…。
これらは、マップのどの位置に配置されようがクリーチャーと土地の属性一致になります。
例えば、本来なら水属性の土地に「フロギストン」が配置されたなら。
そこは火属性に自動で変化するということです。

各属性土地を確実に一つずつ持てるので。
土地コストの要るクリーチャーも確実に早々に出されます。
このゼネスの場合はブックの全クリーチャーが召還できる状態に!

HPが低いので、攻撃スペルをブックに入れて早々に潰したい気持ちにもなりますが。
通行料も周回ボーナスも25%アップしているので。
余計なところに力を使いたくありません。
ここはあきらめるのが得策。
クラネスが潰してくれたらラッキーくらいで考えましょう。


ゼネスは4色、クラネスが火・地なので。
こちらは水や風のブックが良さそうです。
ぼくは水単色ブックで挑みました。

正直、運が「良く」ないと勝てません。
運が悪いのは論外として、普通でも先にどちらかに逃げ切られることが多いです。

あとは余計なミスなしない、余計なコストは使わない。
これすごく大事です。
「応援」がかかっているのを忘れていて、侵略したのにギリギリ倒せなかったとか。
ゼネスがアイテムを使いこちらが使わなくても、こちらの領地を落とせない場面でクリーチャーを召還してきたのに防御アイテムを使ってしまったとか。
この一手だけでも敗北に繋がります。
ミスを1~2度起こしても勝てるのは運が「最高に良い」ときだけです。
運が「良い」レベルだとミスは許されないと考え挑むこと。


とにかく集中して戦いましょう。
特に、ここは連敗を喫しやすいので。
勝てる試合が来た頃には集中力が少し切れていたりします。
そのせいで、せっかくの勝ち試合を落とすことも。

勝ち試合を落とすとストレスがすごいことになりますよね;;
もう勝ったので二度とやらなくていいのですが笑

まだ最終試合が残っていることを考えると…。
と言うか最後の相手誰だろう。





松山勝弘(まつやままさひろ)